「第3回 アレルギー対応スイーツコンテスト2021」応募139作品から受賞作決定、一般部門の1位は「エデン」


最終審査に進んだ12作品

最終審査に進んだ12作品

「第3回 アレルギー対応スイーツコンテスト2021」最終審査会が9月4日、都内の製菓学校で開かれた。同コンテストは、「食物アレルギーがあってもなくても、みんなが笑顔になれるスイーツ」の啓発を目的に、国内唯一のアレルギーの総合展示会「みんなのアレルギーEXPO」の取り組みの一環で実施したもの。

コンテストへの応募レシピの条件は、「卵・乳・小麦を使用しない」「レシピ・原材料を明らかにする」こと。味、外観、再現性、創意工夫、技術・効率性、コンセプトの6項目各5点、30点満点で審査を行う。

3回目の開催となった今回、一般・学生・キッズの3部門に計139作品の応募を集め、前年の83作品を大きく上回った。

実技審査を行う最終審査会には12作品が進み、食感のアクセントにオートミールを用いたり、米粉や豆乳、米油を使って生地を作ったりと創意工夫を施し、味・食感・見た目に優れたアレルギー対応のスイーツ作品が披露された。コロナ禍で製菓需要が高まるなか、親子で一緒に作ることができるスイーツをコンセプトにした作品もみられた。

審査委員長の藤生義春シェフ(パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウオーナー)は、最終審査後の講評で「参加者の皆さんが作業する様子を見ていたが、毎年レベルが上がっていると感じた。今年もすばらしい作品が多く、自分自身、普段の仕事をしていくうえで考えさせられることもあった」と語り、コンテストの審査を通して“気づき”があったと明かした。

最終審査の結果、一般部門の1位は「エデン」(小林富裕さん、東京製菓学校教員)、2位「フレーズムースショコラ」(齋藤奏さん、グランドプリンスホテル広島)、3位「28品目アレルゲンフリーのザクザクチョコベリーケーキ」(石井愛子さん、会社員)を選出。

学生部門は1位「タルト・オトンヌ」(萩原万葉さん、日本女子大)、2位「ガトー マルジョレーヌ オ パタトゥ ドゥース」(カク リョクイさん、日本菓子専門学校)、3位「木漏れ日」(テイ カカンさん、日本菓子専門学校)となった。一般部門と学生部門の1位を獲得した作品は、八芳園カフェで商品化される。

このほか、伊香保秀水園特別賞は一般部門「ミックスベリーとフロランタンの米粉ケーキ」(宮野美智さん、主婦)に、また食品産業新聞社賞は一般部門「プチシャンフローラル」(鈴木瑛美さん、プリンスホテル)と学生部門「ゆずショコラパフェ」(ラ チョンホンさん、東京製菓学校)に決まった。

キッズ部門(書類審査のみ)では、今年あらたにキッズ審査員となった楓ちゃんを優秀賞に選出した。

同コンテストの表彰式は、東京新宿京王プラザホテルで開催される「みんなのアレルギーEXPO2021」会期中の10月26日に会場内で執り行う。

◆みんなのアレルギーEXPO公式サイト

キッズ審査員

キッズ審査員

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/snack/2021/09/2021-0914-1656-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp