「鬼滅の刃こたべ」発売、生八つ橋“おたべ”の一口サイズ、炭治郎・禰豆子や無惨など小物入れに使える容器6種類/美十


「鬼滅の刃こたべ」発売、炭治郎・禰豆子や無惨などパッケージ全6種

「鬼滅の刃こたべ」発売、炭治郎・禰豆子や無惨などパッケージ全6種

美十は7月21日、「鬼滅の刃」限定パッケージの「鬼滅の刃こたべ」を発売する。

美十は、京都銘菓「つぶあん入り生八つ橋 おたべ」や「京ばあむ」等を製造・販売する企業。7月1日には「鬼滅の刃おたべ」を発売している。今回は“こたべ”の鬼滅の刃コラボ商品が登場する。

〈関連商品〉「鬼滅の刃おたべ」発売、スマホに貼れるステッカー全15種類、炭治郎・禰豆子や煉獄杏寿郎たちが登場

「鬼滅の刃こたべ」(5個入・税込432円)は、つぶあんをもちもち食感の生地で包んだ定番商品“おたべ”を、ひと口サイズにした和菓子。生地は自社工場で国産コシヒカリを石臼で挽いた米粉から製造、つぶあんは北海道産小豆を使用し、自社工場で炊き上げている。日持日数は製造日から13日。

「おたべ」と「こたべ」サイズ比較

「おたべ」と「こたべ」サイズ比較

容器となる小箱は、鬼滅の刃キャラクターをデザインした全6種類。食べ終わった後には小物入れなどとしても使用できる。ラインナップは、「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」「竈門禰豆子(かまどねずこ)」、「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」、「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」「産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)」「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」。

販売店舗は、京都の土産店や近畿エリアの高速道路売店など。また、7月21日11時からは通信販売を実施する。

「鬼滅の刃こたべ」パッケージ(全6種)/美十

「鬼滅の刃こたべ」パッケージ(全6種)/美十

食品各社の鬼滅の刃コラボ商品は、作品が話題化した2020年から旺盛(おうせい)に展開されているが、昨今は作品の認知が十分に広がったこともあってか、和風の舞台設定がより活きる和菓子とのコラボが目立つようになってきているようだ。船橋屋(東京都江東区)では7月20日、TVアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」とコラボした「元祖くず餅」「特製あんみつ等 5個セット」を発売する。また、7月16日から9月26日まで東京・浅草地域で開催される「鬼滅の刃」浅草コラボイベントでは、木村家本店の「人形焼き」や「瓦せんべい」、常盤堂の「雷おこし」などのコラボ商品が展開される。いずれも限定パッケージや限定グッズ付きで展開される希少な商品だ。入手したい人はタイミングを逃さず動いておくのがいいだろう。

〈関連記事〉浅草「鬼滅の刃」イベント開催、限定コースター付きフード&ドリンクなど販売、木村家本店・常盤堂雷おこし本舗とのコラボも

「鬼滅の刃」浅草コラボイベント イメージ

「鬼滅の刃」浅草コラボイベント イメージ

◆京都銘菓 つぶあん入り生八つ橋おたべ×鬼滅の刃 特設サイト

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/snack/2021/07/2021-0716-1153-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp