ローソン、タンブラーなど容器持参者に「マチカフェ」39円引き、従業員がコーヒーを抽出する7500店で


ローソン「マチカフェ」39円引き

ローソン「マチカフェ」39円引き

ローソンは7月20日から8月30日までの期間、注文を受けてから従業員がコーヒーマシンでコーヒーを抽出する「マチカフェ」で、顧客がタンブラーなどの容器を持参した場合、39円引きで提供する。ローソンはプラスチック使用量削減を目的に、2011年から容器持参の顧客には10円引きで提供してきた。これまで協力してくれた顧客への感謝の意味を込めて「39(サンキュー)円引き」を実施し、これを機に容器持参の顧客をさらに増やしていきたい考えだ。

実施店舗はセルフコーヒーマシンの店舗を除く全国約7,500店舗。対象商品はホットコーヒーのS・M・Lサイズ、アイスコーヒーのS・Mサイズ、ホットカフェラテのM・Lサイズ、アイスカフェラテのMサイズ。メガサイズは対象外。

ローソンでは容器包装のプラスチック使用量を、2030年までに2017年対比で30%削減する目標を掲げており、「マチカフェ」では2019年にアイスコーヒーの容器を紙パックに、ストローを使用しないで飲める蓋への変更を行っている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2021/07/2021-0716-1646-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp