植物性チーズ代替品の世界的ブランド「ビオライフ」のプラントベースドチーズ・バター、家庭用・業務用で発売/J-オイルミルズ


J-オイルミルズ「植物生まれのとろけるスライス チェダータイプ」

J-オイルミルズ「植物生まれのとろけるスライス チェダータイプ」

J-オイルミルズはオランダのアップフィールド社とともに、プラントベースドチーズ(植物性チーズ代替品)の世界的ブランド「Violife(ビオライフ)」のプラントベースドチーズとプラントベースドバター(植物性バター代替品)9品目を新発売する。

家庭用商品は9月1日から関東地方の1都6県で、プラントベースドチーズ4品目とプラントベースドバター1品目を発売する。業務用商品は10月上旬から、プラントベースドチーズ4品目を発売する。

「ビオライフ」のプラントベースドチーズは、乳やナッツを使用せず、ココナッツ油を使用しており、植物由来の成分を抽出した豊かな風味とコクが楽しめる。また、プラントベースドバターは、まろやかなコクがあり、優しい味わいとなっており、料理や菓子、パンに塗るなど、さまざまな用途に使える点が特長だ。

家庭用商品5品目は以下の通り、いずれもオープン価格。
△「植物生まれのとろけるスライス チェダータイプ」(140g)
△「植物生まれのとろけるスライス モッツアレラタイプ」(140g)

J-オイルミルズ「植物生まれのとろけるスライス モッツアレラタイプ」

J-オイルミルズ「植物生まれのとろけるスライス モッツァレラタイプ」

△「植物生まれのシュレッド チェダータイプ」(200g)

J-オイルミルズ「植物生まれのシュレッド チェダータイプ」

J-オイルミルズ「植物生まれのシュレッド チェダータイプ」


△「植物生まれのクリーミィ」(150g)
△「植物生まれのビオバター」(125g)

J-オイルミルズ「植物生まれのクリーミィ」「植物生まれのビオバター」

J-オイルミルズ「植物生まれのクリーミィ」「植物生まれのビオバター」

業務用商品4品目は以下の通り。
△「植物生まれのとろけるスライス チェダータイプ」(500g)
△「植物生まれのとろけるスライス モッツァレラタイプ」(500g)
△「植物生まれのシュレッド チェダータイプ」(250g)
△「植物生まれのシュレッド モッツアレラタイプ」(250g)

植物性チーズ市場、米国では過去3年の年平均成長率15%、日本でも伸長

「ビオライフ」は、世界有数の一般消費者向けプラントベースドフード企業のアップフィールド社が展開するプラントベースドチーズのリーディングブランドだ。J-オイルミルズは5月に「ビオライフ」ブランド製品の独占輸入・販売契約をアップフィールド社と締結した。

ブランド名は、ギリシャ語で「生命」を意味する「Vios(ビオス)」に由来する。アップフィールド社の子会社アリビア社は、ギリシャを拠点に1990年代から、おいしさにこだわった乳原料不使用の100%ヴィーガン商品を届けており、2013年に「ビオライフ」を開発した。

J-オイルミルズによると、世界のプラントベースドフード市場は、健康志向や環境への配慮といった社会背景から急拡大しており、家庭用の植物性チーズ市場は米国で177.6億円(2019年見込)、過去3年の年平均成長率は15%と大きく伸びている。また、TPCマーケティングリサーチの調査では、日本でも同市場は17.7億円(2019年見込)、年平均成長率9%で伸長している。

〈大豆油糧日報2021年7月16日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/07/2021-0716-1132-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp