〈2021年米国大豆作付予想〉2020年より5.4%増の8,755万A、23州で前年上回る/米農務省


〈2021年米国大豆作付予想〉2020年より5.4%増の8,755万A、23州で前年上回る(画像はイメージ)

〈2021年米国大豆作付予想〉2020年より5.4%増の8,755万A、23州で前年上回る(画像はイメージ)

米農務省が6月30日発表した、2021年の米国農作物の予想作付・収穫面積によれば、大豆の予想作付面積は8,755万Aと、前年比では5.4%増となる。2021年3月末に発表した作付意向面積(8,760万A)とほぼ同規模となっている。予想収穫面積は、5.3%増の8,672万Aとなっている。

州別の作付動向では、数値が発表されている29州のうち23州で前年を上回っている。また、主要州別では、イリノイ州3.9%増、アイオワ州5.3%増、ミネソタ州4.1%増――などとなっている。

なお、2021年の米国トウモロコシの予想作付面積は、2.1%増の9,269万Aとなっており、3月末の作付意向面積(9,114万A)との比較では、1.7%増となった。

なお、米農務省が6月30日に発表した、2021年の米国GM(遺伝子組み換え)大豆の予想作付率(全て除草剤耐性品種)は、前年から1ポイント増の95%だった。主要生産州別では、△イリノイ州94%(前年94%)△アイオワ州97%(前年93%)△ミネソタ州96%(前年93%)△ノースダコタ州93%(前年94%)△ミズーリ州93%(前年95%)――などとなっている。

このほか、GMトウモロコシの作付率(除草剤耐性品種、害虫抵抗性品種、スタックジーン品種の合計)は93%で前年から1ポイント減、GM綿実(同)は、1ポイント増の97%となっている。

米国主要大豆生産州の予想作付面積と予想収穫面積(1,000A)-米農務省

米国主要大豆生産州の予想作付面積と予想収穫面積(1,000A)-米農務省

〈大豆油糧日報2021年7月2日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/07/2021-0702-1041-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp