2020年度「妊産婦のごはん摂取の現状」アンケート、「ごはんは消費されやすい割には満腹感ある」が一番の魅力に/米穀機構調べ


「ごはんは消費されやすい割には満腹感ある」が一番の魅力に(画像はイメージ)

「ごはんは消費されやすい割には満腹感ある」が一番の魅力に(画像はイメージ)

米穀機構はこのほど、2020年度「妊産婦のごはん摂取の現状」アンケート調査結果を公表した。2013年度から8度目で、全国793人を対象とした。

妊産婦が食に関して気をつけていることは「栄養・健康に優れていること」が73.5%(前年度比0.5ポイント増)で最も高く、「簡単に作れること」53.6%(6.3ポイント増)、「安全であること」44.9%(0.5ポイント減)が続いた。割合は低いが「低価格であること」が5.7ポイント上昇しており、米穀機構は「新型コロナウィルスが蔓延するなか、家計への影響が表れている」と推測している。

食に関して気をつけていること

食に関して気をつけていること

ごはん食の一番の魅力は「ごはんを主食とした食事はエネルギーとして消費されやすい割には満腹感がある」が41.8%(0.4ポイント増)で最も高い。2019年度までは「ごはんは味が淡泊なので、どんなおかずとも合い、栄養バランスがとりやすい」が最も高い回答だったが、2020年度は2.4ポイント減少し40.6%だった。

ごはん・ごはんを主食とした食事の魅力

ごはん・ごはんを主食とした食事の魅力

1週間のうち朝・昼・夜ごとのごはんを食べる回数を調査すると、「ほぼ毎食(週5回以上)食べている人」の割合は、朝食33.5%(3.4ポイント減)、昼食46.8%(4.8ポイント減)、夕食67.8%(2.9ポイント減)で、3食全て減少している。

1週間のうち、ごはん食を食べた回数(2020年度)

1週間のうち、ごはん食を食べた回数(2020年度)

1日の炊飯回数は「1回」が49.6%(4.9ポイント減)で最も高く、「1~2回以上」の割合は61.3%。5年前の2015年度から9ポイント減少しており「回数は減少傾向にあるが、これはまとめ炊きをして、冷凍保存している傾向がある。若い世代は1食に食べるごはん量が少ない傾向で、1食の適量を把握し、自分に合った量を冷凍保存するのも1つの方法」としている。

1日の炊飯回数(2020年度)

1日の炊飯回数(2020年度)

〈米麦日報2021年7月1日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/07/2021-0701-1121-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp