くら寿司「贅沢かにフェア」三種盛り3貫220円、甲羅に盛った「贅沢かにちらし」など展開、超特大うなぎ・大とろ半額も


くら寿司「贅沢かにフェア」贅沢かにちらし・贅沢かに三種盛り

くら寿司「贅沢かにフェア」贅沢かにちらし・贅沢かに三種盛り

回転寿司チェーン「くら寿司」は7月2日から、「贅沢かにちらし」などを販売する「贅沢かに」フェアを開催する。販売期間は商品によって異なる。

くら寿司によると、近年の海外でのカニ需要の高まりと漁獲量の減少を受け、2021年は2020年と比較して2倍以上の値段で取引されるなど、カニの価格は高騰している。

こういった状況下、くら寿司は4月から夏にかけて漁の最盛期を迎える、世界最大の本ズワイガニの産地であるカナダなどから仕入れを実施した。長年付き合いのある取引先から独自のルートで仕入れることで、低価格を実現。水揚げ後すぐに茹でるなど、旨味を逃がさない特別な加工方法を採用しているため、夏でもおいしい本ズワイガニを低価格で楽しめるという。

「贅沢かに」フェアの商品は、「贅沢かにちらし」(220円、以下税込)、「贅沢かに三種盛り」(3貫220円)、「贅沢ほたて かに添え」(1貫220円)、「超特大うなぎ」(1貫110円)、「ひらまさ」(2貫110円)、「塩さばたたき」(2貫110円)、「あぶりえびバジル」(2貫110円)、「ホッコクアカエビ唐揚げ」(110円)。また、7月4日までの期間限定で、「大とろ」を通常価格220円の半額、特価110円で提供する。各商品は、一部店舗では価格が異なる。

「贅沢かにちらし」は、今回のフェアの目玉商品で、器に見立てたカニの甲羅に、凝縮されたうま味と甘みが味わえるカニフレークを入れ、食感のアクセントとなる“とびこ”、大葉をトッピングしている。販売期間は、7月2日から7月8日まで。テイクアウト(持ち帰り)不可。

「贅沢かに三種盛り」は、異なる味わいが楽しめる3貫の盛り合わせ。販売期間は、7月2日から7月8日まで。

「贅沢ほたて かに添え」は、引き締まった身と、濃厚なうま味が味わえる大粒の国産ホタテに、カニ身をトッピングしている。販売期間は、7月2日から7月8日まで。テイクアウトは不可。

くら寿司「贅沢かにフェア」贅沢ほたて かに添え

くら寿司「贅沢かにフェア」贅沢ほたて かに添え

「超特大うなぎ」は、独自の製法によって、外は香ばしく中はふっくらと焼き上げているという。7月5日から7月8日まで、通常価格220円の半額、特価110円で提供する。

くら寿司「贅沢かにフェア」超特大うなぎ

くら寿司「贅沢かにフェア」超特大うなぎ

「ひらまさ」は、今が旬で流通量が少なく、脂身が少ないためさっぱりとした味わいが特徴で、引き締まった身のコリコリとした食感を楽しめるという。販売期間は、7月2日から7月8日まで。

「塩さばたたき」は、脂乗りの良い国産のサバを使用。上質な脂と、香ばしい皮目の香りを楽しめるという。販売期間は7月2日からで、無くなり次第終了。

「あぶりえびバジル」は、あぶったエビに、くら寿司特製のマヨネーズとレモン果汁を加えてさっぱりと仕上げたバジルソースをトッピングしている。販売期間は、7月2日から7月15日まで。

「ホッコクアカエビ唐揚げ」は、国産のホッコクアカエビを丸ごと唐揚げにし、凝縮されたうま味とサクサク食感がクセになる一品だという。販売期間は、7月2日から7月15日まで。

くら寿司「贅沢かにフェア」メニュー

くら寿司「贅沢かにフェア」メニュー

なお、くら寿司では「贅沢かにフェア」開始と同日の7月2日から、大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」(通称:ヒロアカ)とコラボしたキャンペーンを展開。テイクアウトを含む税込み2,000円の会計ごとに、オリジナル下敷きやクリアファイルをプレゼントするほか、「ビッくらポン」に、ラバーアクセサリーやクリアハードシールなどのオリジナル景品を投入する。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/07/2021-0630-1607-35.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp