丸美屋食品 21年度上期4.5%の増収見込む、「鬼滅の刃」3品売上は11億円に/6月中間期業績


「『鬼滅の刃』カレー〈ポーク&コーン甘口〉」「『鬼滅の刃』ふりかけミニパック」「『鬼滅の刃』お茶づけのり」(丸美屋食品工業)

「『鬼滅の刃』カレー〈ポーク&コーン甘口〉」「『鬼滅の刃』ふりかけミニパック」「『鬼滅の刃』お茶づけのり」(丸美屋食品工業)

丸美屋食品の2021年度上期(6月中間期)業績は、市販用全体で前年比4.5%の増収が見込まれる。このほど都内で開いた「春のふりかけキャンペーン」抽選会席上、阿部豊太郎社長が上期概況と見通しを示した。

〈2月発売商品〉「鬼滅の刃カレー」「鬼滅の刃ふりかけ」「鬼滅の刃お茶漬けのり」、キラキラシールは全18種類/丸美屋食品工業

阿部社長は、「昨年は2月から4月の巣ごもり需要、また『のりたま』や『とり釜めしの素』など基幹商品の周年で売り上げを伸ばしたが、今年はその反動減が見られる」としたうえ、「1月から5月は市販用全体で前年比4%増となった。キャラクター商品群が42%増でけん引した。これを除くと1%の増収となる。上期としてはトータル4.5%増、キャラクターを除くと1.5%増の着地が見込まれる」と報告。

キャラクター商品を除いたカテゴリー別の実績は、ふりかけ・お茶漬け群1%増、中華群1%増、釜めしの素群4%減、和風・即席群(米飯商品含む)20%増、新規商品群8%増となった。

ふりかけ・釜めし・中華の基幹3群トータルは前年並みで伸び悩んでいるが、キャラクターを除いた全体の実績は、2019年比で8%増となり、伸長した前年から高止まりしている。

キャラクター商品については、「鬼滅の刃」3品(ふりかけ・カレー・お茶漬け)で今年1月から5月に約11億円を売り上げ、この効果でキャラクターのふりかけ50%増、カレー20%増となり、お茶漬けはカテゴリーシェアを2桁にまで押し上げた。

なお、「春のふりかけキャンペーン」は3月1日から5月9日まで、現金50万円や家電5点セットが各10人に当たるオープン懸賞と、オリジナルのIHフライパン3点セットやグリルパンが各2500人に当たるクローズド懸賞の2本立てで実施していたもの。

今回、オープン懸賞には128万7000通(前回比2%増)、クローズド懸賞には58万4000通(3%減)の応募があった。「クローズド懸賞は、応募口数は減ったが、応募数は25万4000通で過去最高を更新した。小口での新規応募が増えたと思われる」(丸美屋食品 阿部社長)。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2021/06/2021-0625-1657-35.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp