新業態「餃子の王将ジョイ・ナーホ」1号店・池尻大橋店オープン、全メニューに電子レンジ対応容器、テイクアウト&デリバリー専門店


「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」外観

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」外観

「餃子の王将」を運営する王将フードサービスは6月25日、東京都世田谷区に新業態「餃子の王将 ジョイ・ナーホ」1号店・池尻大橋店をオープンする。店内飲食には対応しない、テイクアウト&デリバリー専門店。

【餃子の王将】「にんにく激増し餃子」にんにく2倍で“ガツンとインパクト”、マスク着用やテイクアウト需要の増加で誕生

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」内観

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」内観

王将フードサービスでは創業時からテイクアウト販売を実施している。2017年11月からはデリバリーサービスも開始し、導入店舗の拡大を続けているが、テイクアウト&デリバリーに特化した店舗をオープンするのは今回が初だ。

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」では、餃子や炒飯・麺類や弁当など、多彩なメニューを提供する。全メニューに電子レンジ対応容器を用い、家庭やオフィスで手作り本格中華を熱々で楽しめる。

テイクアウトは、店頭注文のほかに、待たずに商品を受け取れる事前予約注文(EPARK)にも対応。電話注文も可能だ。デリバリーは「出前館」「Uber Eats(ウーバーイーツ)」「menu」の3つのプラットフォームで注文できる。

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」メニュー

「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」メニュー

なお、「ジョイ・ナーホ(Joy Naho)」のネーミングは、英単語のEn“joy”に、厨房にオーダーを通す際に使う王将用語“ナーホ(持ち帰り)”を組み合わせたもの。王将フードサービスは、「テイクアウト・デリバリーでの食事を、カジュアルに楽しんでいただける語感」だとしている。

ロゴデザインでは、「Joy」の「y」を足のモチーフにしており、軽快さや、「持ち帰る」「届ける」という躍動的なアクションを表現。ロゴを囲む吹き出しは、お店で飛び交うオーダーをイメージしている。

新型コロナウイルスの拡大以降、テイクアウト・デリバリーの需要は拡大。「餃子の王将」直営店のデリバリーサービス実施店舗は、2020年5月の191店舗から、2021年5月には393店舗と、2倍以上に増えている。デリバリーサービス売上が直営売上高に占める割合は、同期間で1.9%から8.9%へと、飛躍的に伸長した。

◆「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」店舗概要
・所在地
東京都世田谷区池尻3丁目22-4 池尻大橋ビル1階(東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩6分)

・店舗面積
19.71坪

・電話番号
03-3418-1587

・営業時間
10:00~25:00

◆「餃子の王将 ジョイ・ナーホ 池尻大橋店」HP

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/06/2021-0618-1236-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp