伸長続けるフードデリバリー、外資系の参入が活発化、ゴーストレストランも拡大


伸長続けるフードデリバリー業界、外資系の参入が活発化、ゴーストレストランも拡大(画像はfoodpandaの配達員)

伸長続けるフードデリバリー業界、外資系の参入が活発化、ゴーストレストランも拡大(画像はfoodpandaの配達員)

2020年はフードデリバリーに注目が集まった1年だった。新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要は大きく落ち込む中、多くの飲食店は減少する売り上げをカバーすべくテークアウトやデリバリーを始めている。配達を請け負う事業者も、これをチャンスと捉えて提案に力を入れている。また、これまで飲食以外を手掛ける企業もゴーストレストランという形で飲食事業への参入を進めている。

日本フードサービス協会によると、2020年の外食売上は前年比15.1%減で、売上金額(推計)は22兆円となった。一方で、フードデリバリーを含めた中食市場の規模は拡大している。外食の需要に行きづらくなる中、需要の受け皿のような形としてデリバリーは広がっていると見られる。

〈関連記事〉日本フードデリバリーサービス協会を新設、業界ルールの策定など図る

取材をしたデリバリー事業者も異口同音で「コロナ禍にデリバリー利用は大きく伸長した」と話す。

エヌピーディー・ジャパンの調査によると、2020年の出前市場の規模は、前年比50%増の6,264億円になったという。レストラン売上に占める出前の比率は、2019年から2倍以上に増え6.5%となった。新型コロナウイルスの感染拡大以前は利用の多くは夜間だったが、今では昼間の利用も順調に増えているという。

2020年は「foodpanda」や「Wolt」など、海外で広く使われているデリバリー事業者の新規参入が多かった年でもあった。日本のデリバリー利用率が低かった点に注目し、相次いで日本でのサービス開始を発表している。2021年6月9日には米国でトップシェアを誇る「DoorDash」も宮城県仙台市でサービスを開始した。

加盟店数も急伸した。「Uber Eats」では、加盟店数は10万店以上となった。サービスエリアは35都道府県まで広がっており、2021年中に全都道府県でのサービス実施を目指している。

「出前館」の加盟店数は7万店以上になった。サービスエリアは全都道府県をカバーしている。大枝千鶴執行役員は「今後は店舗数を追うのではなく、増やしながらも店舗それぞれの売上増を目指す」としており、ローカルチェーンの確保や、それらの売上向上につながる提案に力を注いでいる。

国内の事業者としてテークアウト向けのサービスを展開していた「menu」も、デリバリーへの参入を果たしている。加盟店数は公表されている範囲で3番目に多い約6万店となっている。また、KDDIと資本業務提携契約を締結したと6月2日に発表した。au IDとの連携を進め、デリバリーと店内飲食の双方で店舗支援やマーケティング強化に取り組む。

2020年9月にサービスを開始した「foodpanda」は、加盟店数は非公表だが「2020年にローンチした中では高い伸長率では」(津毛一仁CMO)と話す。フードに加えて、日用品関連の加盟店数拡大にも力を注いでいる。フードメニューは地方で人気の飲食店の加盟に力を入れている。また、日用品の在庫を持ち、配送する「D マート」というサービスも年内実施を目指している。

「Wolt」配送料を一律99円に抑え、地方では高いシェアを確保しているという。加盟店数の増加には、実際の店舗を持たない飲食店「ゴーストレストラン」(事業者によっては「バーチャルレストラン」とも呼ばれている)が一役買っている。いくつものブランドが同じ住所に集まっていることもある。最近では手の空いたホテルのキッチンをゴーストレストランとして活用する実験を行っている。

また、ゴーストレストランのブランド化も見られる。飲食店がゴーストレストランのブランドを運営する会社と契約し、店舗とは別のブランドの商品を作っているという。

ただ、1か所に数十ものブランドをゴーストレストランとして登録しているところもある。利用者の一部からは不満の声も出ている。こうした状況を懸念する事業者もいる。

売上が伸長する中で、サービス競争も激化している。様々な広告展開に加え、値引き競争が加熱している。事業者によっては初回の注文がほぼ無料になるところもある。

こうした現状について、foodpanda Japanの津毛氏は「成長期の今だからこそ、コストをかけて認知向上やサービス改善に取り組まなければならない」と力を込める。

出前館も同様の考えで、「今の売り上げならば、コストを抑えれば黒字化もできる。しかし、今はそれ以上にサービスの利便性向上や、さらなる認知拡大などに力を注ぐことが重要」との考えを明かす。売上は計画を上回る水準で推移しているといい、同社の3か年計画で掲げる将来的な黒字化達成に自信を見せる。

Woltでも小売り業態との連携を急ぐ。関東エリア代表などを務める安井春菜氏は「ネットスーパーで注文の場合、数日後に使いたいものが多い。しかし、もっと早くに欲しいと考える人もいるため、取り組みを進めていく」と話す。日本のフードデリバリー市場は、まだ大きいとは言えない。しかし、これだけ様々なキャンペーンを打ち出している中でも、まだ利用したことが無い人も多い。サービスに対応していない地域も多く、「サービスを受けられるのは、まだ日本全体の人口の5割に届いていない」という。

そのため、各社とも「今後も市場は伸びていく」と話す。飲食店関係者も「コロナが収束した際は一時的に落ち着くかもしれない。しかし、一度根付けば収束後であっても利用は伸び続けるのでは」と述べ、今後に期待を寄せる。

新型コロナウイルスで市況が一変した飲食業界。デリバリー事業者と食品メーカーが共同で新たな取り組みを進めているという話もある。大きく変化する市場の中で、各社がどのようにシェア拡大を図るのか、注目したい。

〈冷食日報2021年6月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2021/06/2021-0610-1037-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp