〈深刻化するコロナの影響〉外食で売上大幅減・閉店増加、大手は新業態開発が活発化


ロイヤルホールディングス・ファストフード新業態「Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン)」

ロイヤルホールディングス・ファストフード新業態「Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン)」

長引く新型コロナウイルスの影響で、飲食店の状況は厳しさを増している。ファストフード業態を除くすべての業態で、コロナ以前の売り上げを下回り続けている。助成金の支払いが遅れているという話もあり、廃業に踏み切る店舗の数は増え続けている。その中で、大手外食企業では新業態の開発や、新領域への参入などが活発化している。

日本フードサービス協会が発表した2021年4月の「外食産業市場動向調査」によると、全店の売上高は、コロナ拡大前の2019年4月と比べて19.5%減少した。まん延防止措置や3回目の緊急事態宣言の発令などで厳しい情勢が続く。特に、酒類の提供が終日禁止されたことで客単価の減少なども見られる。

最も堅調な推移を見せるファストフード業態でも、2019年同月比では0.9%減だった。ファミリーレストラン業態は同31%減、居酒屋・パブ業態は73.5%減、ディナーレストラン業態は53.6%減、喫茶業態は同31.8%減となっている。郊外型や住宅地隣接のエリアでは影響の少ない店舗もあったが、都市部ではテレワークの広がりなどで利用者は一時期ほどではないものの、コロナ以前からは減少した。

東京商工リサーチの調査によると、2020年における負債1,000万円以上の飲食業の倒産件数は、過去最多の842件だった。また、今年1月の調査では約4割の飲食店が廃業を検討していたという。

「外食、居酒屋については瀕死の状態であるといっても過言ではない」と語るのは、ワタミ代表取締役会長兼グループCEOの渡邉美樹氏。4月1日から5月末の期間に営業利益ベースで12~13億のマイナスの影響が出たという。街の飲食店からも悲鳴が聞こえる。都内の飲食店に勤める男性は「お酒の提供ができなくなって、来てくれる方が減った。1人当たりの単価も下がっている」と話す。別の男性は「売り上げが落ち込んでいるのも怖いけど、協力金の支払いが遅れていることにも不安を感じる」と吐露する。

飲食業界全体で厳しさが増す中、新たな事業展開を進める企業が増えている。

ワタミは、居酒屋業態から焼肉業態への転換を加速させている。今後は韓国発のチキンブランド「bb.q オリーブチキンカフェ」やから揚げ専門店「唐揚げの天才」のフランチャイズ展開をより進めていく。同社は政策投資銀行に約120億円の資本支援を申し込んだ。これを元手に新規出店や業態転換などを進める考えだ。

〈関連記事〉ワタミ FC業態の出店加速、「唐揚げの天才」200店、「bb.q オリーブチキンカフェ」80店など2021年度に出店予定

「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングスでは、5月29日にファストフードの新業態「Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン)」を都内に開いた。売上の75%をテークアウト、15%をデリバリーで獲得する考えだ。黒須康宏社長は「中食、内食が非常に伸びていて、外食そのものは少しシュリンクしてきている。この流れはおそらく今後、平常時に戻った後も続いていくのではと思うと同時に、さらなる食の多様化が進んでくることが想定される」と予測する。今後は、外食や中食、内食それぞれの垣根が下がるとの考えから今回の出店に至った。年内に10店舗程度の出店を計画する。

〈関連記事〉ロイヤルHD 冷食「ロイヤルデリ」販売推進、ロイヤルホスト・てんやなどで

「焼肉ライク」などを展開するダイニングイノベーションは、新たに会社を立ち上げて昨年11月に値ごろな価格でグルメバーガーを楽しめる「ブルースターバーガー」を都内に出店している。人件費や初期投資などを抑えて、低価格での商品提供を実現した。

〈関連記事〉「牛角」創業者が挑む「ブルースターバーガー」、高品質・低価格・IT活用で「国内2000店舗目指す」

デリバリーでの新たな取り組みも広がっている。串カツ田中ホールディングスは、3月下旬からデリバリー限定の新業態「串カツ田中の串カツカレー」を展開している。串カツが引き立つよう開発したカレーに、好みの串カツをトッピングすることができる。調理は串カツ田中の店舗で行う。

織田辰矢取締役営業本部長は「コロナが収束したとしても、外食産業の売り上げはコロナ前の8~9割程度に留まると言われて。その中でデリバリー市場は伸長している。変化するニーズに応えるため、デリバリー専門の新ブランド開発に至った」と説明した。今後はデリバリーでグループ全体の売上の約10%を確保することを目指す。

〈関連記事〉串カツ田中がカレーに挑戦、デリバリー専門「串カツ田中の串カツカレー」

「磯丸水産」などを展開するクリエイトレストランツは、業態転換と共にゴーストレストランの展開を進めている。居酒屋やビュッフェ業態の30店舗を、日常の食事利用を目的とした食堂や寿司屋、しゃぶしゃぶ業態などへ転換する。また、デリバリー専門の業態として「うなぎの岡島」と「からあげ専門店 巨匠の食卓」を開発した。既存店舗のキッチンを活用して新たな売り上げの確保に努める。

その他、冷凍食品の開発を強化している会社もある。俺の(東京都港区)は、「俺のフレンチ」などのレシピを活かしたオリジナル商品の開発を行っている。「サイゼリヤ」や「デニーズ」などでも冷凍食品の販売を強めつつある。

〈関連記事〉「俺のフレンチ」フルコースを自宅で、「俺のデリバリー」始動、“俺のシリーズ”で順次展開

〈冷食日報2021年6月9日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2021/06/2021-0609-1155-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp