タリーズコーヒーの家庭向けドリップ「ザ バリスタズ ロースト」発売、“外に出づらい人にもおいしさを”/伊藤園


伊藤園「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST」(STANDARD、MILD、HEAVY)

伊藤園「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST」(STANDARD、MILD、HEAVY)

伊藤園は、スペシャルティコーヒーショップ「タリーズコーヒー」で味わうようなおいしさを目指す「TULLY’S COFFEE」ブランドから、「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST(タリーズコーヒー ザ バリスタズ ロースト)」を全国のスーパーや量販店で6月7日から発売する。“焼きたて、挽きたて、淹れたて”のおいしさを家庭で楽しめるドリップコーヒーシリーズだ。

「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST」は、タリーズコーヒーのバリスタが監修したコーヒーを家庭などでも手軽に味わえるドリップバッグ。原材料には厳選したアラビカ種100%のコーヒー豆を国内焙煎し、こだわりの香りを引き出した。

豊かな香りとコクの「STANDARD」、芳醇な香りと適度な酸味の「MILD」、コク深い飲みごたえの「HEAVY」の3種類(各9g×6袋/税込513円)を展開するほか、3種の味を楽しめるアソートタイプや1袋タイプも用意取り揃えている。おいしく抽出しやすい丸型フィルターを採用し、付加価値型のコーヒーを提案する。

伊藤園マーケティング本部の志田光正本部長は、5月25日に開かれた発表会で新商品の開発背景には、“おうち時間”をより豊かにしたいという考えがあったとする。「外に出づらい環境がある中で、自宅でもコーヒーのおいしさや、楽しさを知っていただきたい。そして、コロナが収まってきた時には、ぜひタリーズのお店に来て楽しんでいただきたい。その際には、最高のスペシャルティとホスピタリティでお迎えしたい」。

また、リーフブランドグループの吉田達也ブランドマネジャーは、コロナ禍で飲む頻度が増えた飲料を調査したところ、コーヒーが圧倒的で31%、緑茶は2位で25%の結果だったとする。市場成長性については次のように語る。「“おうち時間の充実”とテレワークの増加を背景に、“どうせならおいしいものをじっくり味わいたい”というニーズがある。さらに、コーヒーの簡易ドリップ市場は約600億円で、10年で2倍に増加している。中でも2020年は高価格帯の製品が前年比32%伸びた」。

「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST」のCMキャラクターの木村文乃さんは、「(コーヒーを)淹れる時から楽しみの時間が始まる。大人時間って、こういうことなんだと。贅沢です」と笑顔で話した。

CMキャラクター 木村文乃さん

CMキャラクター 木村文乃さん

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2021/05/2021-0528-1804-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp