〈米需給俯瞰〉4月の川下向け米販売数量、業務用は2019年比約90%の横ばい


米穀販売事業者の販売数量(前年同月比) 註)下段カッコ内は2019年同月との比較値。2020年2月以降は各月ごとの消費動向に大きな変動が生じているため。

米穀販売事業者の販売数量(前年同月比) 註)下段カッコ内は2019年同月との比較値。2020年2月以降は各月ごとの消費動向に大きな変動が生じているため。

農林水産省は5月26日、2021年4月の「米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向」(速報値)を公表した。業者による精米の販売数量・価格を仕向先ごとに指数化したもの。

前年同月と比べた販売数量は、小売向け92.0%(前月比7.8ポイント増)、中食・外食向け121.2%(18.6ポイント増)で、総体では102.5%(11.4ポイント増)となった。

2021年4月といえば国内の感染者数が増加の一途を辿り、各地で「まん延防止等重点措置」が適用、下旬には東京・大阪などに「緊急事態宣言」が出された。それにも関わらず、特に中食・外食向けが前回3月時点よりも大幅回復したように見えるが、指数の比較対象となる2020年4月といえば1度目の緊急事態宣言の頃である。まだ家庭用はパニック買いの余波が残っていた一方、そもそも外出する人がまばらだった時期だ。

実際に2019年4月と比べた2021年4月の販売数量指数は、小売向け100.8%(前月比3.4ポイント減)、中食・外食向け90.8%(前月同)で、総体は96.3%(前月比1.7ポイント減)。まだ中食・外食向けは「回復」とは言い難い状況であることが判る。ただこの数字から、2020年4月の緊急事態宣言下と2021年4月のまん防+緊急事態宣言下では、人々の意識・行動が一変していることも判る。

一方の販売価格は前月から大きな変化なく、小売向け95.2%(前月比0.7 ポイント減)、中食・外食向け96.6%(前月比0.3 ポイント増)となった。

米販売事業者の販売価格(前年同月比) 註1)調査対象業者は、年間玄米仕入数量5万t以上の販売事業者。 註2)上記の数値は調査対象者が販売している精米の全体数量・価格動向を指数化したもので、個別の取引や産地銘柄ごとの動向を表すものではない。 註3)最新月の数値は速報値。

米販売事業者の販売価格(前年同月比)  註1)調査対象業者は、年間玄米仕入数量5万t以上の販売事業者。 註2)上記の数値は調査対象者が販売している精米の全体数量・価格動向を指数化したもので、個別の取引や産地銘柄ごとの動向を表すものではない。 註3)最新月の数値は速報値。

〈米麦日報2021年5月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/05/2021-0528-0951-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp