なか卯 15周年の人気メニュー「鶏塩うどん」2021年も発売、別添えペッパーガーリックで味変も


なか卯「鶏塩うどん」

なか卯「鶏塩うどん」

丼ぶりと京風うどんの 「なか卯」は5月27日、「鶏塩うどん」(並=税込490円、小=税込350円)を、一部店舗を除く「なか卯」463店舗で発売する。

2021年で販売開始から15周年を迎える、鶏の旨みが味わえる季節の定番メニュー。 透明なスープは、和風出汁をベースに、旨みが凝縮された鶏油と“藻塩(もしお=ホンダワラなどの海藻から作った塩)”を使った塩ダレを加え、あっさりしつつも深みのある味わいに仕上げたという。

2007年の初登場時はまだ一般的ではなかった“鶏塩”味を、スープとしてうどんに合わせ、やわらかい鶏肉シャキシャキとした食感の青ネギをのせている。また、別添えの“ペッパーガーリック”を加えると、風味がより豊かになり、味の変化も楽しめる。テイクアウト(持ち帰り)も可能。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/05/2021-0521-1703-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp