くら寿司「ふくいサーモン」発売、福井県産ブランド魚“生サーモン”として初の全国販売


くら寿司「ふくいサーモン」

くら寿司「ふくいサーモン」

回転寿司チェーン「くら寿司」は5月14日、福井県産ブランド「ふくいサーモン」(1貫税込110円)を発売する。5月16日までの3日間限定販売で、テイクアウト(持ち帰り不可)。また、一部店舗では価格が異なる。

くら寿司「ふくいサーモン」ロゴ

「ふくいサーモン」ロゴ

「ふくいサーモン」は、福井の海で育てられたトラウトサーモンで、上品な脂ののりともっちりとした肉質が特徴。全国のJF全漁連グループが一体となって推進する「プライドフィッシュ」にも選定されている。トラウトサーモンはニジマスを海で養殖したもので、一般的に20℃以下の水温でしか育たないと言われており、福井県では冬の海の低水温環境を生かして2014年から養殖を行っている。まずは大野市を中心とした淡水の養魚場で1年間飼育し、その後、徐々に海水に慣れさせてから、福井県内の4ヶ所の港に移し、半年ほど海面養殖を行う。

くら寿司「ふくいサーモン」魚体

「ふくいサーモン」魚体

これまで「ふくいサーモン」の販売は、主に北陸地方3県(石川県、富山県、福井県)と通販のみで展開していた。くら寿司によると、水揚げから一度も冷凍せずに店舗へ輸送し、店内で切りつけて提供する“生サーモン”として、初めての全国販売だという。

成長過程で淡水から海水に移し、じっくりと育成した「ふくいサーモン」。貴重な生サーモンをこの機会にくら寿司で味わってみてはいかがだろうか。

なお、くら寿司では5月11日から「本まぐろフェア」を開催し、「【地中海産】本まぐろ大とろ」などを販売している。

〈関連記事〉くら寿司「本まぐろフェア」開催、大トロ・上赤身・贅沢盛り展開、サーモンとろ3種盛りなども

くら寿司「本まぐろフェア」対象商品

くら寿司「本まぐろフェア」対象商品

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/05/2021-0512-1123-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp