ラーメン凪が焼肉店をオープンへ、“スープ以上にこだわった極旨タレ”開発、東京中野「すごい焼肉屋(仮)」限定会員を募集


ラーメン凪が新業態「すごい焼肉屋(仮)」限定会員を募集

ラーメン凪が新業態「すごい焼肉屋(仮)」限定会員を募集

「すごい煮干ラーメン凪」(ラーメン凪)を運営する凪スピリッツジャパンは5月7日、新業態の焼肉店、「すごい焼肉屋(仮)」の限定会員を募集開始したと発表した。

東京・中野に2021年7月オープン予定、完全会員制。「すごい焼肉屋」の仮称でプロジェクトを進行しているが、正式な店名は非公開で、会員のみに明かされる。住所も非公開、1日1組(8人以上)の貸切制。「お肉の質にこだわり、仲間たちだけでリーズナブルに楽しめる秘密基地のような焼肉屋」を目指し、応援購入サービス「Makuake」(マクアケ)でクラウドファンディングを実施している。

店舗はラーメン凪のスタッフで“創業45年になる焼肉屋の3代目”である人物が手掛ける。“ラーメン屋の命”とも言えるタレの技術を応用し、新店のためだけに“凪のタレ”をベースとして焼肉用にブレンドした“極旨焼肉タレ”を開発。「スープと同じかそれ以上にタレにこだわりを持つラーメン屋が提案する焼肉用の自家製のタレは他に類をみないものに仕上がった自信がある」という。

凪スピリッツジャパンの説明によると、コース料金は1人1万円で、肉・ライス・副菜・締めの料理と飲み物代をすべて含む。肉は牛タン・厚切りハラミ・和牛三角ミスジ・和牛サーロイン・赤身牛ヒレ肉を用意する。専用の冷蔵ショーケースから自由に取り出すセルフスタイル。和牛肉を使用し、ラーメン凪のタレを使って仕込んだ「絶品!和牛肉煮込み」などのスープや、“締めのラーメン”として完全新作ラーメンも提供し、「焼肉がお好きなお客様はもちろん、ラーメン凪のラーメンを愛して下さるお客様にも楽しんでいただける内容」にするという。

各種の肉の写真(「すごい焼肉屋(仮)」)

各種の肉の写真(「すごい焼肉屋(仮)」)

会員券は特典が異なる「松」「竹」「梅」の3つのランクを設ける。最上級の「松」は、“コース料金20%OFF”“年間更新不要”など、「いつでもお得に行きたいお客様や、ずっとラーメン凪を応援したいお客様」に応える内容だという。

「Makuake」で実施している「すごい焼肉屋(仮)」プロジェクトのクラウドファンディングには、5月7日12時の時点ですでに260人のサポーターから総額873万1000円が集まり、目標金額30万円に対し、達成率は2910%となっている。

「すごい焼肉屋(仮)」会員種別早見表

「すごい焼肉屋(仮)」会員種別早見表

◆Makuake内「すごい焼肉屋(仮)」プロジェクトのページ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/05/2021-0507-1214-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp