バーガーキング「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」発売、唐辛子・ニンニク・豆板醤の「特製スパイシーソース」ハンバーガー


バーガーキング「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」発売

バーガーキング「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」発売

バーガーキングは4月30日、「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」を発売する。単品税込890円、セット税込1190円。

“アグリーバーガー”シリーズは、「見た目の美しさよりおいしさにこだわった」というハンバーガー。新開発の「チーズバンズ」を使用しており、2020年9月に第1弾「チーズアグリービーフバーガー」が登場。10月に第2弾「チリアグリービーフバーガー」、11月に第3弾「チキン・デ・アグリーバーガー」を販売していた。

4月2日からは第4弾「テリヤキアグリービーフバーガー」を販売している(4月28日時点で販売中)。今回発売する「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」はシリーズ第5弾。

〈第4弾〉バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」発売、4種チーズの“チーズバンズ”使用

バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」

バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」

新商品「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」にも使用している「チーズバンズ」は、4種のチーズを使ったこだわりのバンズで、何度も改良を重ねて長い時間をかけ開発したという。コクのあるチェダーチーズ、ほのかな甘みのモッツァレラチーズ、爽やかな酸味のゴーダチーズ、マイルドなエグモントチーズの4種を使用し、一つ一つ手作業で仕上げている。

ソースは、唐辛子の辛味とニンニクの旨味に豆板醤の隠し味をプラスした、「特製スパイシーソース」を使用。直火焼きの100%ビーフパティと、ペッパーの効いたガーリックシュリンプをはさんだ。レタス、トマト、オニオンや、味のアクセントのピクルス、クリーミーなマヨネーズと共に仕上げている。

バーガーキング「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」イメージ画像

バーガーキング「シュリンプ・スパイシーアグリービーフバーガー」イメージ画像

なお、バーガーキングでは3月26日にロゴデザインのリニューアルを実施。1999年以来使われてきたロゴを22年ぶりに変更した。新しいロゴでは、実際のハンバーガーの色合いに合わせるため、「青色」や「光沢」をなくしている。

〈関連記事〉バーガーキングがロゴ変更、サーティワン・プロントも、共通するポイントは?

「バーガーキング」ロゴ(左=旧ロゴ、右=新ロゴ)

「バーガーキング」ロゴ(左=旧ロゴ、右=新ロゴ)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0428-1349-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp