2020年冷食消費量は3.6%減で4年ぶり減少、金額は1.6%減も4年連続で1兆円超/日本冷凍食品協会


冷凍食品 国内消費の推移

冷凍食品 国内消費の推移

日本冷凍食品協会が4月21日に公表した2020年1〜12月の冷凍食品国内消費量は、前年比3.6%減の284万0,373トンだった。国民1人当たりの年間消費量は3.3%減(0.8kg減)の22.6kgとなり、いずれも過去最高を記録した前年から減少した。

金額ベースでは1.6%減の1兆0,463億円とやや減少したが、4年連続で1兆円を上回った。同協会の国内消費量統計は「国内生産量」に「冷凍野菜輸入量」と「調理冷凍食品輸入量」を加算して算出している。

消費量の内訳は、国内生産量が前年比2.3%減の155万1,213トン、冷凍野菜輸入量が5.2%減103万2,756トン、調理冷凍食品輸入量が4.7%減25万6,404トンだった。また、消費量合計を総務省統計局による総人口(1億2,570万8千人)で割ることで国民1人当たりの年間消費量を算出している。

なお、日本冷凍食品協会は「調理冷凍食品の輸入については、当協会会員だけを対象にした調査であり、会員以外の商社、流通業者等が輸入しているものを考慮すると、実際の『消費量』はこの284万トンを上回るものと考えられる」とコメントしている。

〈冷食日報2021年4月26日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2021/04/2021-0426-1458-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp