アサヒ「生ジョッキ缶」一般発売、“2日で出荷停止”の話題ビールがスーパーにも/アサヒビール


「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

アサヒビールは4月20日から、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」(340ml/オープン価格)を全業態で販売開始した。

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店の“生ジョッキ”で飲むのような味わいが楽しめるビール。4月6日にコンビニで先行発売を開始。2日後の4月8日には、販売数量が想定を大きく上回り、商品供給が追い付かず出荷を一時停止したことを発表していた。

〈関連記事〉アサヒビール「生ジョッキ缶」出荷停止、先行発売も缶供給追いつかず、20日一斉販売に向け準備は進行

その際、アサヒビールは「現時点では出荷再開の見込みは立っていないが、4月20日の全業態発売に向けて準備を進めている」とコメント。

4月20日当日を迎え、SNSではイオンやサミットなどスーパーマーケット店舗で陳列されている様子が投稿されており、無事、広く販売がスタートしているようだ。

白石麻衣・西野七瀬が「生ジョッキ缶」を解説、飲みごろ温度や泡のコツを紹介

アサヒビールは4月20日から、「アサヒスーパードライ 白石麻衣と西野七瀬の生ジョッキ缶講座」を、「生ジョッキ缶」特設サイトや、アサヒグループYouTube公式チャンネルで公開している。

動画には元「乃木坂46」の白石麻衣さん、西野七瀬さんが出演し、「生ジョッキ缶」の飲みごろ温度を4℃から8℃などと説明。さらに、“好みの泡の量に調節するコツ”など、全7個のキーワードを解説している。

◆動画視聴=アサヒビール「生ジョッキ缶」特設サイト(動画はページ真中あたり)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2021/04/2021-0420-1128-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp