液状みそが売場拡大傾向、中堅メーカーはトライアル確保で明暗〈2021春のみそ特集〉


マルコメ「液みそ 料亭の味」

マルコメ「液みそ 料亭の味」

新型コロナウイルスとの戦いが長期戦に入っている。2021年1月の緊急事態宣言で、外食産業はさらに落ち込み、業務用みその出荷も大幅に鈍化している。

家庭用は巣ごもり需要から好調だったが、その勢いも落ち着きつつあり、業務用の落ち込みを家庭用でカバーしきれないところも出てきている。市場では液状みそが好調だ。売り場スペースも拡大傾向で、若年層男性の購入が増えているという。中堅メーカーでは、コロナ禍初期で捕まえたトライアルユーザーをしっかりとリピーターへと成長させているところもあり、業績で明暗が分かれている。

みそ汁の手作り需要も鈍化、即席みそ汁はオフィス街のコンビニで売上減

食品需給研究センターがまとめたみその2020年の生産量は、前年比1.4%減の47万4,700t(前年比6,874t減)となった。全体的に前年を下回る月が多く、最需要期の11月、12月も前年を下回って推移した。

2020年度 味噌生産量の推移(食品需給研究センター調査)

2020年度 味噌生産量の推移(食品需給研究センター調査)

みその種類別では、米みそが前年比1.8%減の40万4,717t、麦みそが前年比5.9%増の1万6,466t、豆みそが前年比5.1%減の2万4,712t、調合みそが前年比3.1%増の2万8,805tとなった。

新型コロナウイルスの影響で、全国のみそ生産量は大幅ダウンとなったが、麦みそは5.0%増となり、ここ数年の減少傾向を食い止めた。

みそ市場では、2020年からのコロナ禍により、巣ごもり需要が高まり、みそ汁を手作りする家庭が増えたことで、みその出荷量も向上した。しかし、2021年に入ってからは、手作り需要も落ち着き始め、売上は前年並みで推移し始めた。

2020年度の即席みそ汁の売上は、前年を上回って推移したが、2021年に入ってからは、勢いも鈍化し、前年並みに近づいている。

新型コロナ以前、好調だったカップタイプの即席みそ汁は、テレワークが浸透し、社員が出社しないため、オフィス街のコンビニで売上が下がっている。その反面、内食需要の高まりにより、袋の大容量タイプは好調で、手作り疲れのある消費者が簡便性を求めて、需要が伸びているものと考えられる。フリーズドライみそ汁は単価が高いのにも関わらず好調で、単品、多食用ともに市場が拡大している模様だ。

業務用は、コロナ禍による外出自粛で、大幅に落ち込んでいる。昨年の外食産業は6月〜11月は回復基調も、12月の自粛要請、1月の緊急事態宣言で再び、減少傾向に入った。

日本フードサービス協会の外食産業市場動向調査によると、21年1月のファーストフード店は、前年並みをキープしているが、ファミリーレストランは大幅ダウンしており、さらに居酒屋などでは、7割近く前年を下回った。

こうした状況下でも、みそカテゴリーでは液状みそが好調だ。大手のマルコメやマルサンアイから発売されている商品が、売り場でも存在感を増してきている。目線の高さに、液状みそを並べている店が多く、手に取りやすいところに商品が配置されているケースが目立つ。

業績では、マルコメが好調。液みそ全体で、前年に比べ3割近く売上を伸ばしている。同社が行った調査によると、若年男性からの購入が増えており、液みそユーザーの3割強が2030代男性だったことを明らかにしている。

ひかり味噌では前年を上回って売上が推移した。新型コロナによる影響で、市場が疲弊している中でも、工場を増設するなど、強気の構えを見せている。同社では、一昨年度から「量から質への転換」を推進しており、こだわりのある商品を適正価格で販売することで、利益を得る体制づくりに力を入れている。

〈大豆油糧日報2021年4月19日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/04/2021-0419-1351-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp