「マウントレーニア」パッケージに動物赤ちゃん、“人々には癒しを、動物園には客を”、ブランド活性化も/森永乳業


発表会で公開された「深い癒やしパッケージ」の一部

発表会で公開された「深い癒やしパッケージ」の一部

森永乳業は、乳飲料のチルドカップコーヒー「マウントレーニア」のパッケージに、動物の赤ちゃんの写真を掲載し、売り上げの一部を飼料代に寄付する。コロナ禍で集客が落ち込む動物園の支援と、ブランド活性化に同時に取り組む。

企画名は「マウントレーニア深い癒やしプロジェクト」。4月13日オンライン発表会を開催し、森永乳業の兵働仁志常務と、写真提供した全国5つの動物園代表が登壇した。パッケージ施策で生活者とマウントレーニア、生活者と動物園の接点を強化する。人々には癒しを、動物園には客を、森永乳業にはブランド活性化をそれぞれもたらす、ビッグプロジェクトにしていく意気込みを示した。

「マウントレーニア」は1993年発売。「チルドカップコーヒー」という新たなカテゴリーを創造し、エスプレッソ&ミルクの味わいを、持ち歩きながら楽しむというスタイルを定着させた。その後、各社が参入し、コンビニではプライベートブランド商品が増え、カウンターコーヒーやペットボトルコーヒーとの競合も生まれ、右肩上がりで伸びていた売り上げは現在踊り場の状況にある。加えて2020年はコロナ禍で、オフィス需要、観光地での需要が大きく落ち込み、売り上げが落ち込んだ。

ただ、「マウントレーニア」の飲用シーンは、移動中や仕事の合間のリラックスしたい時などが多く、「癒やし」がキーワードとなっている。そこで、パッケージにも癒しを、との視点から動物の赤ちゃんの写真に着目。コロナ禍で休園を余儀なくた動物園の厳しい状況を知り、動物園、森永乳業、生活者のすべてが有益になるような仕組み作りを考えた。

企画に賛同し参加した動物園は、旭山動物園、那須どうぶつ王国、埼玉県こども動物自然公園、姫路セントラルパーク、長崎バイオパーク。飼育員だからこそ撮影できた愛らしい表情の動物赤ちゃんの写真(ゴマフアザラシ、スナネコ、チーター、カバの親子など)を提供してもらい、マウントレーニアの基幹商品「カフェラッテ」に掲載し、「深い癒やしパッケージ」と名付けた。計16種類。

オンライン発表会では、森永のマーケティング統括部の谷口竜太マーケティング開発部長が、見る人に深い癒やしを届け、動物園に関心を持ってもらい、商品を購入してもらうことで、売り上げの一部を寄付する、一連の仕組みを紹介し、「価値のある取り組みにしていく」と意気込みを示した。

動物パッケージ商品は、4月12日の週から全国のコンビニ、スーパーで順次発売し、5月下旬まで販売予定。売上金の一部は、商品パッケージで紹介する動物園に寄付し、飼料代として活用する。なお、マウントレーニア(全品計)の年間売上高は約340億円(2020年度見込み)。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2021/04/2021-0414-1508-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp