松屋のライスバーガー専門店「米バーガー/こめ松」誕生、牛めしパティ×五穀米バンズ×生姜タレ×タルタルソースなどメニュー32通り、出前館でテスト販売


松屋のライスバーガー専門店「米バーガー/こめ松」メニュー例

松屋のライスバーガー専門店「米バーガー/こめ松」メニュー例

松屋フーズは4月13日11時、デリバリー限定のライスバーガー専門店「米(my)バーガー/こめ松」をオープンし、出前館サイトでの販売を開始する。

「米バーガー/こめ松」は、デリバリー専門のライスバーガー専門店。松屋の人気メニュー「牛めし」「牛焼肉定食」「カルビ焼肉定食」「ビビン丼」を、片手で食べることができる“ライスバーガー”にした。好みに合わせて、ライスバンズ、パティ(おかず)、焼肉だれ、ソースをカスタマイズでき、32通りの組み合わせから選ぶことができる。栄養バランスを考え、米と肉だけでなく、生野菜も挟んでいる。価格は各500円(税込)。

松屋のライスバーガー専門店「米バーガー/こめ松」開店

松屋のライスバーガー専門店「米バーガー/こめ松」開店

ライスバンズは、国内産の米を使った「白米バンズ」と、白米に比べて血糖値の上昇を抑える効果が見込まれる「五穀米バンズ」の2種類から選べる。

おかずのパティは、松屋の定番メニュー「牛めし」「牛焼肉」「カルビ焼肉」「ビビン丼」の4種類の具から選ぶ。

焼肉だれは、肉の味を引き立てる「生姜タレ」と「ビビンタレ」の2種類。

ソースは、野菜とスーパー大麦を使った「タルタル」と、「サウザン」の2種類。

対象店舗は、松屋三鷹店(東京都武蔵野市)と松屋青葉台駅前店(神奈川県横浜市)。出前館のみのテスト販売で、出前館サイトから注文できる。ラインアップは、「牛めし米バーガー」「牛定米バーガー」「カルビ米バーガー」「ビビン丼米バーガー」(各税込500円)。

松屋フーズは、「気軽にお米が主食のお食事を摂っていただきたい、“みんなの食卓でありたい”からこそ、松屋フーズが新たな挑戦を試みます。自分好みの“米(my)バーガー”を是非お召し上がりください」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0412-1135-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp