松屋「うな丼」復活、本格鮨“すし松”監修、うなたま丼・うなとろ丼・うなぎコンボ牛めしも登場


松屋「うな丼」発売、「土用の丑の日」に先立ち登場

松屋「うな丼」発売、「土用の丑の日」に先立ち登場

4月23日は「土用の丑の日」

牛丼チェーン「松屋」は4月13日午前10時から、「うな丼」を全国の店舗(一部除く)で発売する。税込850円。テイクアウト可能。

「うな丼」は、4月23日の「土用の丑の日」に先立ち販売開始するメニュー。松屋は2020年7月にも、松屋フーズグループの本格鮨ブランド“すし松”が監修した「うな丼」を販売しており、今回は復活して再登場。ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、松屋特製うなぎダレをかけており、「旨味が口いっぱいに広がる」という。

〈2020年うな丼〉松屋「うな丼」本格鮨“すし松”監修、「うなぎコンボ牛めし」「うなとろ牛皿御膳」も

「うな丼」と同時に、さまざまなトッピングをのせた関連メニューも展開する。「うなたま丼」(税込890円)は半熟玉子を、「うなとろ丼」(税込950円)は国産大和いも100%のとろろをのせた。「牛めし」と一度に楽しめる「うなぎコンボ牛めし」(税込990円)も販売する。「うな丼」関連メニューはいずれも、お新香・みそ汁・山椒小袋付き。また、プラス税込540円で「ダブル」盛りに変更もできる。

松屋「うな丼」「うなぎコンボ牛めし」「うなたま丼」「うなとろ丼」

松屋「うな丼」「うなぎコンボ牛めし」「うなたま丼」「うなとろ丼」

なお、2021年の「土用の丑の日」は、1月17日、1月29日、4月23日、7月28日、10月20日、11月1日の6回。「土用」とは、季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬(四立)の前の期間、それぞれ約18日ずつを指す。そのため、「土用」は年4回存在する。

昔の暦では日にちを十二支で表しており、土用の期間にある丑の日を「土用の丑の日」という。そのため、18日間の中に2回丑の日が来るパターンもあり、1年のうちに「土用の丑の日」が4回より多いこともある。

また、十二支は毎年ずれていくため、立春など四立の日にちが年ごとに異なる事と合わさり、「土用の丑の日」も毎年別の日になる。参考として、昨年2020年は1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日。来年2022年は1月24日、4月18日、4月30日、7月23日、8月4日、10月27日。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0408-1425-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp