【米麦関連23品目・2021年3月の消費動向】2020年の反動で全品目マイナス、2019年比では需要


米麦の品目別POSデータ総体(2021年3月・KSP-POS)

米麦の品目別POSデータ総体(2021年3月・KSP-POS)

(株)KSP-SPは2021年3月のPOS(KSP-POS)データをまとめている。品目別売上(金額、数量、個当たり平均単価)のうち、米麦関連23品目を抽出。売上金額、売上数量とも23品目全てが2020年同月比でマイナスとなった。

参考として2020年3月(22品目、米粉は掲載していない)は、データの母数が変わるので単純比較はできないが、概ね前年のプラス幅よりも、2021年のマイナス幅の方が小さい品目が多数ある。3月は1都3県で緊急事態宣言下にあった(3月21日に解除)。内食需要は引き続き高かったと見られる。

米麦の品目別POSデータ総体(2020年3月・KSP-POS)

米麦の品目別POSデータ総体(2020年3月・KSP-POS)

2020年2月27日に政府は全国の小中高校へ臨時休校を要請(3月2日から)。パニック購買が発生し、マスクやティッシュペーパー・トイレットパーパーが店頭から姿を消した。食品も買いだめ需要が発生し、小麦粉、プレミックス、インスタント袋麺、カップ麺、スパゲッティ、乾麺、米飯加工品などの、常温で長期保存ができる食品が店頭から姿を消すに至った。

数量ベースで減少幅を見ると、スパゲッティが31.9%減、プレミックスが30.7%減と下げ幅が大きく、20%以上の減少幅となった品目も多数ある。ただ、2020年3月の実績は異常値といえる。2020年3月のスパゲッティの売上数量は前年同期比46.2%増、プレミックスは40.9%増。2019年比で考えると、内食需要は引き続き高い状態にあるといえる。

〈米麦日報2021年4月8日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/04/2021-0408-1609-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp