プロント夜の新業態「キッサカバ(喫茶酒場)」展開へ、“昼はカフェ、夜はサカバ。”ロゴ・ユニフォーム刷新も


プロント夜の新業態「キッサカバ(喫茶酒場)」

プロント夜の新業態「キッサカバ(喫茶酒場)」

「PRONTO(プロント)」は4月1日、20年ぶりにロゴマークやブランドカラーを刷新したほか、ユニフォームのリニューアル、ドリンクやスイーツのラインアップを一新した。さらに5月からは、夜の新業態「キッサカバ」への順次切り替えを開始する。

ロゴマークは、緑色の背景に黄色字で「PRONTO」という従来のデザインから、新ブランドカラーの「白と黒」を基調としたデザインに変更。プロントのコンセプトである、昼はカフェタイム、夜はバータイムの「二面性」が、変化の激しい今の時代でも伝わるよう、シンプルで力強いデザインに仕上げたという。昼と夜の二面性を白と黒で表現し、黄色をサブカラーとした。

PRONTO 新旧VI(ビジュアルアイデンティティ)

PRONTO 新旧VI(ビジュアルアイデンティティ)

カフェタイムのドリンクメニューは、レギュラーサイズを増量し、従来の3サイズ展開からレギュラーとラージの2サイズに変更。容量増に伴い、価格改定も実施した。新たな定番メニューには、「ウィンナーコーヒー」や季節限定で販売していた「ミルクコーヒー」「マサラチャイ」などが加わった。また、「ミルクコーヒー」や「カフェラテ」などミルクを使った一部メニューでは、通常のミルクを“ソイミルク”か“オーツミルク”に変更できるようになった。

リニューアルしたユニフォームも、新ブランドカラーの「白と黒」を基調としている。白字の「PRONTO」ロゴを前面にプリントした黒Tシャツを採用。より気軽に利用してもらえるように、カジュアルさや明るさを意識したという。

PRONTO リニューアルしたユニフォーム

PRONTO リニューアルしたユニフォーム

夜の新業態「キッサカバ(喫茶酒場)」は、酒場でありながら、喫茶店のような懐かしさやワクワク感のある空間やつまみ、アルコールを提供するもの。青山店や品川店、池袋西口公園店、大手町OOTEMORI店、エキア池袋店、神田店などの一部店舗ではすでに導入しており、5月からは他店舗でも順次切り替えを開始する。

4月10日には、新しいロゴやブランドカラーを採用した店舗で、夜は「キッサカバ」となるリブランディング1号店として、「PRONTO 銀座コリドー店」がオープンする。

リブランディング1号店「PRONTO 銀座コリドー店」

リブランディング1号店「PRONTO 銀座コリドー店」(昼・夜)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0402-1612-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp