「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」セブンイレブン限定発売、もちの食感こだわり“よりリアルに再現”


セブンイレブン限定「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」

セブンイレブン限定「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」

チロルチョコ株式会社は4月2日、山梨の銘菓「桔梗信玄餅」(桔梗屋)とコラボレーションした「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」を、全国のセブン-イレブンで発売した。商品がなくなり次第、販売終了となる。

チロルチョコと「桔梗信玄餅」とのコラボは、これまでにも2018年に「チロルチョコ〈桔梗信玄餅〉」、2019年には「チロルチョコ〈桔梗信玄餅 宇治抹茶〉」を展開してきた。

今回の「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」では、もちの柔らかい食感にこだわり、さらにリアルな桔梗信玄餅を再現したという。価格は税別42円。

セブンイレブン限定「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」パッケージ

セブンイレブン限定「チロルチョコ〈生もち桔梗信玄餅〉」パッケージ

なお、桔梗信玄餅は、山梨県笛吹市の製菓メーカー「桔梗屋」が製造・販売する銘菓。ビニールの風呂敷に包まれた小さな容器に、きな粉をまぶした3切れの餅が入っており、特製の黒蜜をかけて食べる。1968年から販売しているロングセラー商品だ。1日に12万個製造する同品の風呂敷は、人の手によってひとつひとつ結ばれているという。

2021年は「桔梗信玄餅」の名称の由来である武田信玄公の生誕500年。「JR東日本おみやげグランプリ2020」では、桔梗屋の限定パッケージ商品「桔梗信玄餅 信玄公生誕500年記念」が総合準グランプリを獲得。また、4月1日にはモンテールと桔梗屋のコラボ商品「桔梗信玄プリン」が東北・関東・中部・近畿・中四国のスーパーマーケットで発売されている。

モンテール×桔梗屋「桔梗信玄プリン」

モンテール×桔梗屋「桔梗信玄プリン」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/snack/2021/04/2021-0402-1136-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp