コメダ珈琲「コメ牛のお肉」通販開始、人気ハンバーガーの“中身だけ”


コメダ珈琲店「コメ牛のお肉」

コメダ珈琲店「コメ牛のお肉」

コメダは4月1日、「コメ牛のお肉」をコメダ珈琲店公式オンラインショップで発売した。

「コメ牛のお肉」は、コメダ珈琲店のハンバーガー「コメ牛(こめぎゅう)」の具材だけを販売する商品。エッジの効いた商品設計に、発売日が4月1日エイプリルフールということが組み合わさり、ジョークかと疑いを持ってしまいそうな話だが、コメダ珈琲店公式オンラインショップには実際、販売ページが開設されている。

「コメ牛」は、牛カルビ肉と食感の良い千切りキャベツを自社製バンズでサンドしたハンバーガー。特製のタレは、醤油、ごま、ニンニク、マスタード、唐辛子をバランス良く調合した、甘くてほんのり辛さも効いた味だ。2020年に9月発売すると、その大ボリュームでSNSなどで話題となり、ほどなく品切れとなる店舗も多発するヒット。コメダではファンの期待に応え、再販売や販売延長を重ねてきた。

〈関連記事〉コメダ珈琲「コメ牛(こめぎゅう)」発売、牛カルビ肉2倍「肉だく」、3倍「肉だくだく」も

今回の「コメ牛のお肉」は、コメ牛に使用していた甘辛な牛カルビを自宅で楽しめる通販限定の冷凍食品。1食110gで、6食1セットで箱に入っている。価格は、6食・税込1980円、12食・税込3840円、18食・税込5580円、24食・税込7200円。

コメダ珈琲店「コメ牛のお肉」ボックス

コメダ珈琲店「コメ牛のお肉」ボックス

店舗で販売していた「コメ牛」の肉の量は、通常“110g”の「並」、2倍“220g”の「肉だく」、3倍“330g”の「肉だくだく」の3種類だったため、使用する袋の数を調整することで、「コメ牛」を再現する事が出来る。

コメダ珈琲店の公式サイトでは「パンにも、麺にも、ご飯にも。アレンジ自在の食材です」と紹介しており、ハンバーガーだけでなく、自分の好きなアレンジでコメ牛を楽しむこともできる。

◆「コメダ珈琲店」公式オンラインショップ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0401-1616-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp