バーガーキング“見た目より味”「テリヤキアグリービーフバーガー」発売、4種チーズの“チーズバンズ”使用ハンバーガー


バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」発売

バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」発売

バーガーキングは4月2日、「テリヤキアグリービーフバーガー」を発売する。単品税込690円、セット税込990円。

“アグリーバーガー”シリーズは、「見た目の美しさよりおいしさにこだわった」というハンバーガー。新開発の「チーズバンズ」を使用しており、2020年9月に第1弾「チーズアグリービーフバーガー」が登場。10月に第2弾「チリアグリービーフバーガー」、11月に第3弾「チキン・デ・アグリーバーガー」を販売していた。今回発売する「テリヤキアグリービーフバーガー」はシリーズ第4弾。

〈第1弾〉バーガーキング“見た目より味”の「チーズアグリービーフバーガー」発売、新開発・4種チーズの“チーズバンズ”を使用

バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」イメージ画像

バーガーキング「テリヤキアグリービーフバーガー」イメージ画像

新商品「テリヤキアグリービーフバーガー」にも使用している「チーズバンズ」は、4種のチーズを使ったこだわりのバンズで、何度も改良を重ねて長い時間をかけ開発したという。爽やかな酸味のゴーダチーズ、マイルドなエグモントチーズ、ほのかな甘みのモッツァレラチーズ、コクのあるチェダーチーズの4種を使用し、一つ一つ手作業で仕上げている。

ソースは、焦がしねぎと赤味噌が隠し味の「オリジナルテリヤキソース」を使用。直火焼きの100%ビーフパティに、味のアクセントのピクルス、レタス、トマト、オニオンをはさんでいる。“濃厚テリヤキソース”と“チーズバンズ”が組み合わさり、甘じょっぱいおいしさが口いっぱいに広がるという。

なお、バーガーキング・ジャパンでは、4月1日を「ワッパーの日」に制定している。バーガーキングの看板商品「ワッパー」は、直径13cm・約113gの大型ビーフパティを使用したハンバーガー。この「ワッパー」(英語表記=WHOPPER)の直訳は「とてつもなく大きいもの」だが、実はその他に「大ぼら」「うそ」などの意味があることから、バーガーキング・ジャパンは「バーガーキング」誕生60周年の2014年に、エイプリルフールの4月1日を「WHOPPERの日」と定めている。

〈関連記事〉4月1日は何の日? ワッパーの日・ビックリマンの日・黒ラベルの日・サントリー赤玉の日など食品関連の記念日集中

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/04/2021-0401-1455-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp