ワタミ、韓国発フライドチキン「bb.qオリーブチキンカフェ」関西1号店“イオンタウン茨木太田店”オープン


「bb.qオリーブチキンカフェ」メニューイメージ

「bb.qオリーブチキンカフェ」メニューイメージ

ワタミ株式会社は3月27日、「bb.qオリーブチキンカフェ」イオンタウン茨木太田店をオープンする。

同店は韓国発のフライドチキンのブランドで、世界25か国2,500店舗を展開しており、日本では2016年にワタミがマスターフランチャイズ契約を締結、関東を中心に5店舗を出店している。6店舗目となるイオンタウン茨木太田店は、関西初出店となる。

オリーブオイルとソイオイルで揚げたフライドチキンはサクサク食感の衣が特徴で、「オリーブチキン」(骨付き)、「オリーブチキンフィンガー」(骨なし)などのフライドチキンメニューのほか、それらを使ったバーガー4種、ライスメニュー4種、サラダ4種を中心に展開する。テイクアウトを前提としたオペレーションも特徴で、冷めてもおいしく食べられる調理や料理が蒸れない包材といった工夫を凝らしている。

コンボセットが人気で「ヤンニョムチキンコンボ」(税込990円)は、ヤンニョムチキン1P、チキンフィンガー3本、ソース1、ポテトR1、ハニーブレッド1、ドリンク1といった組み合わせ、その他4種のコンボを用意する。また、「カスタムサラダ」(税込590円)として、ベースのサラダにチキン、トッピング、ドレッシングが選べるカスタマイズメニューもラインアップする。今後は、2021年4月から本格的に出店を進め、FC(フランチャイズ)を中心に60〜70店舗の出店を目指す。

bb.qオリーブチキン事業本部の小副川裕久本部長は、「本国の業態とは異なったカフェスタイルで展開している。サラダメニューやレモネードは日本オリジナル商品だが、最大の特徴であるオリーブオイルとサクサクの衣は世界共通だ。売り上げ構成ではテイクアウト8割、イートイン2割を想定している。今後は大阪市内で2店舗目の出店を計画している」と語った。

【「bb.q OLIVE CHICKEN Cafe」イオンタウン茨木太田店 概要】
▽所在地=大阪府茨木市城の前町2-1イオンタウン茨木太田店1階
▽営業時間=10時〜21時
▽席数=37席

「bb.qオリーブチキンカフェ」イオンタウン茨木太田店

「bb.qオリーブチキンカフェ」イオンタウン茨木太田店

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/03/2021-0325-1127-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp