にんべんの惣菜専門店がニュウマン新宿にオープン、「一汁旬菜 日本橋だし場」


にんべんの惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」

にんべんの惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」

にんべんは3月25日、JR新宿駅の改札内に惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」をオープンした。

「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」は、JR新宿駅の改札内に位置する「NEWoMan(ニュウマン)新宿 2F エキナカ」に出店。同店では“うま味のある、少し上質な食事を。だし+旬菜”をコンセプトに、量り売りを含む惣菜のほか、弁当やサラダ、茶碗蒸しなど、味付けにかつお節やだしを効かせた商品を中心に30種類ほどを取り揃える。惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場」としては、CIAL横浜店、西武池袋本店に次ぐ3店舗目の出店となる。

ラインアップは、「鰹かつチーズ焼き」(1枚、税込150円)、「おかか衣の唐揚げ(だしとろり)」(100g当たり税込300円)、「だしわっぱ飯」(税込880円)、冷たい茶碗蒸し「だしつるり」(税込300円)など。弁当は、だしで炊いたご飯を使っている。

だし炊きご飯の弁当などをラインアップ

だし炊きご飯の弁当などをラインアップ

人気商品の「だし茶漬け」(税込420円)は、ジュレ状のだしを使用している。レンジで温めるとだしジュレが溶け、おにぎりをほぐしながら鶏肉などの具と一緒に味わう商品。持ち帰り時にこぼれないように、また、あられや海苔を香ばしく味わえるように配慮している。

「だし茶漬け」

「だし茶漬け」

にんべんは2010年に、だしを知る・楽しむ・味わう場として初の飲食業態「日本橋だし場」をオープンして以降、フルサービスの和ダイニング「日本橋だし場 はなれ」、弁当専門店「日本橋だし場 OBENTO」、惣菜専門店「一汁旬菜 日本橋だし場」などを展開し、都内を中心に出店してきた。

にんべんでは、「“だし場”シリーズで未進出だった新宿駅への出店を果たし、山手線エリアの出店戦略としてはひと段落付いた。ここでしっかりお客様とコミュニケーションをとっていきたい」としている。

なお、「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」は、オープンを記念して3月31日までの期間中、弁当や惣菜を1000円以上(税込)購入した人に、フリーズドライみそ汁・吸い物「至福の一椀」シリーズの「豚汁」「ふわっと玉子のお吸い物」いずれか1つをプレゼントする。各日先着100人、数量限定。

「一汁旬菜 日本橋だし場 ニュウマン新宿店」概要〉
◆営業時間
午前8時~午後9時30分
(土日・祝休日は午後9時まで)

◆住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55ニュウマン新宿 2F エキナカ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/03/2021-0326-1704-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp