令和3年産水稲の平年単収は増減なく農家等使用512kgに決定、1.7mm基準ベースでは535kg/農林水産省


令和3年産水稲の10aあたり平年収量(kg/10a)

令和3年産水稲の10aあたり平年収量(kg/10a)

農林水産省は3月23日、令和3年産水稲の平年単収(10a当り収量)の全国平均を、農家等が使用しているフルイ目幅ベースで512kg、1.7mm基準ベースで535kgと決めた。ともに前年産から増減なし。平年単収はその年産の作況指数のベースとなる(作況指数100を表す実質単収)。ただし令和2年産から算定に用いるデータ数をアメダスと同じ「30年」に固定、農家等が使用しているフルイ目幅を農業地域別から都道府県別に細分化している。なお今回の公表は農業地域別・都道府県別のみで、作柄表示地帯別は6月末頃を目途に決定する予定。

今回の都道府県別は、比較的変動が少ない。農家等使用フルイ目幅ベースだと、青森が4kg増、北海道・秋田・新潟の3道県が2kg増、栃木・富山・広島・沖縄の4県が1kg増、岩手・宮城・山形・福島・茨城・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・石川・山梨・長野・静岡・愛知・三重・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・徳島・香川・愛媛・宮崎・鹿児島の29都府県が増減なし、福井・岐阜・京都・山口・高知・佐賀・長崎・熊本・大分の9府県が1kg減、福岡のみ2kg減となった。1.7mmベースだと、青森が5kg増、北海道・秋田・新潟・富山の4道県が2kg増、岩手・宮城・福島・茨城・鹿児島の5県が1kg増、山形・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・石川・福井・山梨・長野・静岡・愛知・三重・滋賀・大阪・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・沖縄の34都府県が増減なし、岐阜・京都・兵庫の3府県が1kg減となった。

〈米麦日報2021年3月24日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/03/2021-0324-1305-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp