牛肉の家計消費が1ポイント減少の30%に、豚肉は50%を維持/2019年消費構成割合


食肉の消費構成割合の推移(単位:%)

食肉の消費構成割合の推移(単位:%)

農林水産省食肉鶏卵課は3月23日、2019年(年次)の食肉の消費構成割合をまとめた。それによると、2019年は牛肉の家計消費が前年から1ポイント低下し、30%となった。

消費構成割合は、食料需給表をベースに推定出回量(家計消費、加工仕向、その他)を算出し、その上で総務省の家計調査、日本食肉協議会による加工仕向量などから、各構成割合を算出したもの。

牛肉は家計消費30%、加工仕向6%、外食などのその他が64%となり、前年から家計消費が1ポイント低下し、その他が1ポイント上昇した。牛肉の家計消費はここ数年間、31〜32%で推移していたものの、2019年は30%まで低下した。

豚肉は家計消費50%、加工仕向23%、その他27%と前年から変化はなかった。家計消費は2017年に50%を割っていたものの、その後2年連続で50%を維持した。

鶏肉は家計消費40%、加工仕向7%、その他53%となり、加工仕向が1ポイント増加した半面、その他が1ポイント低下した。サラダチキンなど各種加工品の商品群が増えていることで、加工仕向量が増加したものとみられる。

〈畜産日報2021年3月24日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2021/03/2021-0324-1351-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp