丸亀製麺 半額「釜揚げうどんの日」4カ月ぶり開催、麺匠が教える“味わい尽くす方法”は


丸亀製麺「釜揚げうどん」

丸亀製麺「釜揚げうどん」

丸亀製麺は4月1日・2日に「釜揚げうどんの日」を開催し、通常価格(並)290円(以下税込)のところ、半額以下の140円で提供する。また、同期間中は数量限定で「牛肉つけ汁」や限定の天ぷらを販売する。なお、一部実施しない店舗や価格が異なる場合がある。

丸亀製麺では毎月1日を「釜揚げうどんの日」とし、看板商品の「釜揚げうどん」を半額で提供してきた。直近は感染症対策のため開催を中止していたが、今回開催日を2日間に拡大して約4カ月ぶりに実施する。(並)は通常価格290円を140円で、(大)は通常価格400円を200円で、(得)は通常価格510円を250円で提供する。

また、「釜揚げうどんの日」限定つけ汁として「牛肉つけ汁」(310円)が、限定天ぷらには「カニ爪天」(160円)、「殻つき有頭えび天」(160円)、「車海老天」(300円)、「チーズ入りいももち」(100円)が登場する。

丸亀製麺「釜揚げうどん」と「牛肉つけ汁」「殻つき有頭えび天」「車海老天」「チーズ入りいももち」

丸亀製麺「釜揚げうどん」と「牛肉つけ汁」「殻つき有頭えび天」「車海老天」「チーズ入りいももち」

「釜揚げうどん」は、茹でた後に水で締める通常のうどんに対し、水で締めずに茹であげたそのままを楽しむ食べ方。もっちりとした食感で、より小麦の風味を感じることができるシンプルなうどんで、薬味やトッピングなどで自由にカスタマイズを楽しめる商品だ。丸亀製麺のメニューの中でも、不動の1番人気「かけ」に続き、「ぶっかけ」と並ぶ人気メニューだという。テイクアウト(持ち帰り)は不可。

丸亀製麺では税込表示が義務化される4月1日から、「かけうどん」「ぶっかけうどん」など一部商品で値上げを実施するが、「釜揚げうどん」は価格を据え置き、最安のうどん商品となる。創業当時から提供し続ける丸亀製麺の原点かつ、一番に麺のおいしさを楽しめる商品として、より多くの人に味わってほしいという思いがあるようだ。

〈関連記事〉「丸亀製麺」かけ・ぶっかけ・釜玉20円値上げ、釜揚げは据え置き、価格改定・総額表示へ

丸亀製麺で唯一の麺匠が「釜揚げうどん」の楽しみ方を伝授

3月18日に実施した試食発表では、丸亀製麺でただひとりの「麺匠(めんしょう)」と呼ばれ、店舗を巡回して技術指導などを行う藤本智美氏が「釜揚げうどん」おすすめの食べ方を実演。薬味やトッピングで何度も“味変”をして飽きずに楽しめる「釜揚げうどん」の食べ方を以下の通り紹介した。

丸亀製麺“麺匠”藤本智美氏

丸亀製麺“麺匠”藤本智美氏

〈1〉まずは何もつけずにそのまま食べることで小麦の風味と楽しむ。
〈2〉つけだしにつけてシンプルに味わう。麺は桶に沿わせて移し入れると、湯切りができてつゆが薄まらないという。
〈3〉つけだしに無料の薬味(すりごま・生姜・ねぎ)などを入れて麺を絡める。
〈4〉薬味入りのつけだしにトッピングの「生玉子」(税込70円)を溶き入れて、まろやかな釜玉風に。
〈5〉締めは、つけだしに桶の釜湯を入れてそば湯ならぬ“うどん湯”にして飲む。

なお、丸亀製麺の「釜揚げうどんの日」は、讃岐のセルフうどん文化を伝えるにあたって、あまり知られていなかった「釜揚げうどん」の認知向上を図るために始めたもの。広報担当者は発表会で、「釜揚げうどんには、いろいろな楽しみ方があるということを知ってほしい」とした。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/noodles/2021/03/2021-0322-1131-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp