あずまフーズ 大豆臭の軽減に水産品の技術応用、ベジシーフードの開発も/フーデックスジャパン2021


あづまフーズ「ソイマイスター」

あづまフーズ ベジミート「ソイマイスター」

3月9日〜12日の4日間にかけて千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「フーデックスジャパン2021」の出展企業を紹介する。会場では、大豆ミートなどの植物性食品を出展する企業が目立ち、来場者の関心を集めていた。

あづまフーズ(三重県三重郡)はベジミート「ソイマイスター」を紹介した。同社はもともと生鮮水産加工食品の販売を行っており、居酒屋の王道メニューのたこわさを最初に開発した企業でもある。独特の魚介臭のマスキング技術を有していたことから、2014年からベジミートの取り組みを開始し、大豆臭の軽減を実現したという。

ラインアップは、照焼きチキン、焼き肉、台湾ミンチ、そぼろ味無しの4種類をそろえる。

「水産品の技術を応用できた。香りをうまくマスキングできている」と訴求する。ヴィーガンスペック(認証有り)、グルテンフリースペックで、解凍後すぐに使用できる。海外に向けては、希望の形状や味付けでのOEM実績も数社あるという。たこわさは2020年暮れに30周年を迎えており、発祥企業であることを再度周知するとともに、「大豆ミートを扱っていることを知られていないのでアピールしたい」とした。

また、開発途中の商品として、シシャモの卵、まさごを植物性素材で代替した「ウマミマサゴ」も展示した。白キクラゲを加工し、色付けした商品だという。

あづまフーズ「ウマミマサゴ」

あづまフーズ「ウマミマサゴ」

あづまフーズは水産品の商品で「まさごオレンジ」という、小鉢や寿司種など向けの商品を販売している。ただ、仕入れ国のアイルランドで2020年と2019年、からふとシシャモが禁漁となり、2021年は漁こそ始まっているが、通常の倍の価格になっているという。現状、商品の供給が難しいといい、持続可能な開発を目指すため「ウマミ マサゴ」の開発を行った。植物性のみにこだわるのではなく、オリジナルの「まさごオレンジ」に混ぜ込むなど、「多様性がある形で商品を提供できれば」としている。

また、「現在はフェイクまさごのみだが、ほかのベジシーフードの開発にも動いている」とし、その中には、大豆を使った商品も含まれているという。「水産品がメインの事業なので、次世代の水産品をつくる」と意気込みを述べる。

〈大豆油糧日報2021年3月15日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/03/2021-0315-1429-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp