羊ミルクの“ペコリーノチーズ”を身近に、常温保存の粉チーズ「芳醇ペコリーノ」、家庭の食卓に登場へ


粉チーズ「芳醇ペコリーノ」

粉チーズ「芳醇ペコリーノ」

羊のミルクを使ったイタリア産のチーズ「ペコリーノ・ロマーノ」が、常温保存できる粉チーズとなって、日本市場に初登場する。

日本にある粉チーズはアメリカ産のパルメザンチーズが市場の大半を占めており、家庭用はその中でも商品の選択肢が限られる。またその中でも、要冷蔵と常温保存とに分かれ、常温の商品はさらに限られたラインアップだ。

コロナ長期化で家庭で食事する回数が増える中、チーズの消費量も増えており、粉チーズについてもパスタやリゾットでの出番が増えている。この状況下での登場(3月発売)とあって、料理のバリエーションを広げるアイテムとして注目されている。

ロマーノチーズとは、約2,000年前にイタリアのローマ近郊で生まれた、超硬質で力強い香りとコクが特徴のチーズ。ペコリーノ・ロマーノは、羊のミルク独特の甘い香りと、白っぽい色が特徴。

ペコリーノを使った代表料理にローマ発祥の「カルボナーラ」がある。日本ではイタリアレストランのパスタメニューなどで馴染みはあるものの、家庭で同じように料理に使うには、塊(かたまり)をカットして売っているものを購入し、すりおろすしか手段がほぼない。そこで、「ペコリーノチーズをもっと身近に使えるようにしたい」と、日本でチーズの輸入・販売を行うエフ・アール・マーケティング(東京都港区)が常温保存の粉チーズとして商品化に動いた。

原料チーズは、イタリアサルデーニャ島で2000年以上前から造られている歴史あるチーズ、ペコリーノ・ロマーノDOPを使用。輸入後、日本で世界各国のチーズを加工するユニオンチーズ(神奈川県厚木市)で、常温流通・常温保存できるパウダーへ加工した。商品名は「芳醇ペコリーノ」。40g・参考上代税抜500円と、80g・850円の2品揃えた。賞味期限は180日。

「芳醇ペコリーノ」の最大の特徴は、原料を常温保存用に乾燥させても、しっかりと残る羊乳特有の甘みとコク、強い塩気。これを家庭のパスタ料理やサラダなどにかける・からめる・温めるなどして、「ひと振りでレストランの味に!」というのが、「芳醇ペコリーノ」のキャッチフレーズだ。

なお粉チーズ市場については、レストラン、ベーカリー向けなど業務用が圧倒的に多い。家庭用については2019年度が前年比4%増の2100t(日本輸入チーズ普及協会調べ)。2020年度は新型コロナウイルスによる巣ごもり需要、パスタ需要増に伴いさらに伸長し、家庭用粉チーズ代表のパルメザン(常温含む)のPI値(レジ通貨客1000人あたりの購買指数)は、20年4月~10月で前年比9%増の1.98(日経収集店POS調べ)となっている。

粉チーズは、数ある家庭用チーズの中で、料理に最も簡単に取り入れやすい。振りかけるだけの手軽さと汎用性があるからだ。2013年にはアメリカ産のロマーノチーズを使ったカレー専用粉チーズ「クラフトヴァッキーノ・ロマーノ」が日本で発売されたが、「クラフトパルメザン」の姉妹品には育ちきらず、その後終売となった。

しかし近年の粉チーズは、粗削りやトリュフフレーバー入りなど、形状や味のバラエティ化が少しずつ進んでおり、ペコリーノ・ロマーノが入り込む余地も十分あるとみられる。

「輸入チーズは店頭にただ並べるだけでは売れない。コロナ禍で試食販売ができない中で、食べ方や使い方が分かるような提案型商品が必要。今回の『芳醇ペコリーノ』は提案型商品の第1弾であり、家庭で食事する回数が増える中、いつもとひと味違う味わいを楽しめる粉チーズとして売り出していく」(近藤功一エフ・アール・マーケティング社長)。

メインとなるのは筒状容器の40g・80gだが、小袋入り2g・3g・5gもあるという。ファストフードに熱々のフライドポテトに添付の小袋入りのスパイスやハーブなどをふりかけて食べるメニューがあるが、このようなアレンジなど、常温の粉チーズだからこそ使い道がいろいろ出てきそうだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2021/03/2021-0312-1440-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp