3月12日「モスの日」にアスターの種プレゼント、モスバーガーと、モスカフェ・モスド・マザーリーフ・マザーリーフティースタイルで


モスバーガーが配布する「アスターの種」袋デザインイメージ

モスバーガーが配布する「アスターの種」袋デザインイメージ

モスフードサービスは3月12日「モスの日」を記念し、12日・13日の二日間、「アスターの種」を全国の「モスバーガー」店舗でプレゼントする。

「モスの日」は、1972年3月12日にモスバーガー初の実験店舗を、東京・成増にオープンした事から制定された。この実験店舗は1972年6月21日に1号店「成増店」として営業を開始している。

2021年「モスの日」では、3月12日・13日にモスバーガーを利用した人に対し、各店舗200人~400人に先着で「アスターの種」をプレゼントする。実施店舗は国内のモスバーガーと、モスカフェ、モスド、マザーリーフ、マザーリーフティースタイル。一部店舗では行わない。また、対象外店舗は、大学店や競馬場店などの特殊店舗と休業中の店舗。

モスフードサービスはモスの日を、「創業の心である『感謝される仕事をしよう』という原点を思い起こすと同時に、を思い起こすと同時に、いつも 支えてくださっている 地域の方々やお客さまに感謝する日」と定めている。

1997年からは毎年「モスの日」に合わせ、植物の種や植物の栽培セットをプレゼントおり、初回の1997年にはマリーゴールドの栽培セット、昨年2020年にはミニにんじんの種を配布している。

なお、モスバーガーの“MOS”は、山(Mountain)、海(Ocean)、Sun(太陽)の頭文字をとっており、「山のように気高く堂々と、海のように深く広い心で、太陽のように燃え尽きることのない情熱をもって」との意味が込められているという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/03/2021-0311-1145-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp