日本茶のリーフ製品がコロナ下で注目高まる、トップの伊藤園は機能性表示の新商品「一番摘みのお〜いお茶」で市場盛り上げ


伊藤園「一番摘みのお〜いお茶」

伊藤園「一番摘みのお〜いお茶」

2020年、日本の荒茶生産量は6万9800トンとなった。この16年間でお茶の生産量は30%下がっている。特に2020年はコロナの影響を受け、新茶を収穫する時期にあたる4〜5月は作業が思うようにはできなかったため一番茶の生産量は10%減少し、新茶会などお茶を振舞う機会もなくなった。

ただ、世界のお茶の生産量はこの10年間で1.5倍に増加しており、日本茶・紅茶を含めてお茶への注目が高まっている。そこで伊藤園は、日本茶のリーフ製品に大型新商品を投入する。新商品は機能性表示食品の「一番摘みのお〜いお茶」(100g)で3月15日から発売する。ラインアップは、産地の異なる1000円、1200円、1500円の3商品を用意した。

「一番摘みのお〜いお茶」は、後から何かの成分を添加しているわけではなく、お茶の葉だけで作られている。カテキンを多くしながらもおいしく飲めるように、茶葉の選別や火入れなどを工夫して作り上げたことが特徴だ。

機能性関与成分は、ガレート型カテキン340mg(抽出後)。届け出表示は「本品にはガレート型カテキンが含まれます。ガレート型カテキンには、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能があることが報告されています」。

2020年の日本茶(包装茶)市場は、おうち需要・健康需要の高まりで13年ぶりにプラスとなっており、お茶をいれる急須の売り上げも、同年7月からスーパーでプラスになってきているという。伊藤園の志田光正マーケティング本部長は次の通り語る。

「多くのお客様にお茶の良さが注目されてきている。2020年にコロナで苦しんだ茶農家の方や茶業界の方々とともに、お茶の価値を日本や世界の方々に伝えたい。特に一番茶のおいしさ、健康性、楽しさを多くの人に広めていきたい」。

伊藤園は、「一番摘みのお〜いお茶」の発売にあたり、中谷美紀さんが出演するテレビCMを5月から放映する。リーフ製品のCMとしては、約50年ぶりという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2021/03/2021-0311-1006-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp