故 十一代長部文治郎・大関元社長の「お別れの会」に約700人参列


故 十一代長部文治郎・大関元社長

故 十一代長部文治郎・大関元社長

大関(長部訓子社長)は3月8日、神戸市中央区のANAクラウンプラザホテル神戸で故十一代長部文治郎氏の「お別れの会」を開催した。業界関係者など約700人が参列し、故人をしのんだ。

1966年に40歳で社長に就任し、以来2002年までの在任期間中、大関の経営の近代化、大手清酒メーカーとして初となるアメリカ進出、「大関総合研究所」の開設など、「魁(さきがけ)」の精神で手腕を発揮、その後の会長・相談役時代も含め、大関の飛躍のために力を尽くした。

参列者には、故人の生涯と社業発展にまい進した足跡をつづった追悼誌「十一代長部文治郎 魁の生涯とその軌跡」が配布された。現役を退いた後、絵筆にその心情を込めた水墨・墨彩作品も、「長部文治郎誌上水墨画展」として収められている。

〈酒類飲料日報2021年3月9日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2021/03/2021-0310-1344-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp