大戸屋メニュー改定で待ち時間削減へ、「大戸屋ランチ」は値下げ、デミハンバーグ・牛プルコギ・和風ティラミスなど新登場


大戸屋「豆味噌デミグラスソースのハンバーグ」

大戸屋「豆味噌デミグラスソースのハンバーグ」

大戸屋では、新しいグランドメニューの提供を一部直営店舗で開始している。順次拡大し、6月までにFC(フランチャイズ)店を含めた全店で完了させる予定だ。

グランドメニューのリニューアルでは、メニューの構成や価格、調理、店舗運営、食材調達などの見直しを実施。新メニューには、これまでの大戸屋に不足していた肉料理として「豆味噌デミグラスソースのハンバーグ」「牛プルコギの彩りサラダボウル」などが登場する。

3月8日に実施した「グランドメニューリニューアル試食会」での説明によると、メニュー開発に際しては、社内試食会を2カ月間で20回以上実施し、100人以上が参加した。また、店内調理の見直しなどで、待ち時間の削減を図り、先行実施した店舗では30秒〜1分ほどの短縮につなげている。さらに、地域や店舗ごとに異なっていたメニューを統一し、店内調理や食材調達・管理の効率向上を目指す。

新メニューは、定番メニュー“かあさん煮”の進化系「かあさんの玉子とじ」、「豆味噌デミグラスソースのハンバーグ」「豚肉と野菜の塩麹炒め」「おおとや三元豚のロースかつ」「牛プルコギの彩りサラダボウル」「お子様オムライスプレート」「大戸屋ティラミス 黒蜜きな粉」など。

大戸屋「牛プルコギの彩りサラダボウル」「大戸屋ティラミス 黒蜜きな粉」

大戸屋「牛プルコギの彩りサラダボウル」「大戸屋ティラミス 黒蜜きな粉」

また、一部のリニューアルメニューでは価格改定を実施。「大戸屋ランチ定食」は790円(以下税込)から740円に50円の値下げ、「さばの炭火焼き定食」は890円から840円に50円の値下げ、「豚の生姜焼き定食」は890円から790円に100円の値下げ。一方、「大戸屋風チキン南蛮定食」は800円から860円に60円の値上げ、「ばくだん丼」は820円から840円に20円の値上げ。

試食会で、大戸屋ホールディングスの蔵人賢樹社長は「栄養バランスを考えた店内調理の食事を提供する“もうひとつの食卓”という創業の精神は守りつつ、健康志向の高まりや人手不足など、環境の変化にはしっかりと対応していきたい。今後もお客様の健康に役立つ食の総合カンパニーを目指し、さまざまな取り組みを行っていく」とした。

大戸屋ホールディングス 蔵人賢樹社長

大戸屋ホールディングス 蔵人賢樹社長

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/03/2021-0310-1034-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp