“アニマルフリー食品検査”でヴィーガン食品輸出サポート/ビジョンバイオ


サンプル

ビジョンバイオ(株)(福岡県久留米市、塚脇博夫社長)は3月8日から、“アニマルフリー食品”の受託検査を開始した。

ベジタリアンやヴィーガン向け食品を輸出する企業が増える中、食品中の動物由来DNA、卵・乳のたんぱく質を検出することで、動物性原料の含有を科学的に確認することができる。

アニマルフリー食品には正式な基準や検査方法が存在しないため、出荷前や仕入後、製造ラインのコンタミチェックなどの際の自主検査ニーズを掴む狙いがある。

価格はスタンダードコース(PCR+ELISA2キット使用)が6万2,000円(税別)、シンプルコース(PCR+ELISA1キット使用)が4万8,000円(税別)。検査日数10営業日。

なおビジョンバイオでは動物由来DNAが確認された際の混入種同定検査(肉種・魚介類DNA判別など)も用意している。

〈米麦日報2021年3月9日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/03/2021-0309-1550-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp