マックCMで木村拓哉を柴田理恵・光浦靖子が質問責めに/マクドナルド「コーヒー100円キャンペーン」


木村拓哉さんを起用した「プレミアムローストコーヒー(ホット)M 100円キャンペーン」イメージ(日本マクドナルド)

木村拓哉さんを起用した「プレミアムローストコーヒー(ホット)M 100円キャンペーン」イメージ(日本マクドナルド)

日本マクドナルドは3月5日、木村拓哉さんが出演する「プレミアムローストコーヒー(ホット)M 100円キャンペーン」TV-CM「木村氏、お隣に」篇(15秒)を放映開始する。

3月8日から「マクドナルド」店舗で、通常価格税込150円の「プレミアムローストコーヒー」Mサイズを、税込100円の特別価格で提供するキャンペーンを期間限定で実施することに伴い放映するもの。キャンペーン期間は3月21日まで。一部を除く全国の店舗で、全営業時間帯で実施する。

マクドナルドでは2021年、木村拓哉さんを起用し、「マック、みっっけ。」をテーマとしたキャンペーンやTV-CMを展開している。今回の「プレミアムローストコーヒー(ホット)M 100円キャンペーン」CMはシリーズ第3弾。

マックの「プレミアムローストコーヒー」は2019年10月に2年9か月ぶりの全面リニューアルを実施。その際、2014年ワールドバリスタチャンピオンの実績をもつ“世界一のバリスタ”井崎英典氏が完全監修し、豆の種類や配合、焙煎度合いなどを見直し、ハンバーガーなどの食事と合うよう「甘味・酸味・苦味」のバランスを調整した、深みのある濃い味わいに仕上げているという。

CM「木村氏、お隣に」篇(15秒)の内容は、ショッピングモールのベンチで読書をするスーツ姿の木村拓哉さんが、隣に居合わせた2人の女性(柴田理恵さん、光浦靖子さん)から「いい男ね」と親しげに声をかけられ、「モテるでしょ」「ご結婚は?」などと質問責めにされる。困った木村さんがあたりを見ると、マクドナルドの看板が目に入り、仕事で急いでいるように振る舞い立ち去ろうとする。あらためて、マクドナルドでプレミアムローストコーヒーを注文した木村さんは、コーヒーを飲みながら落ち着いて読書を始め、自分の時間を過ごす――というもの。

日本マクドナルドは「プレミアムローストコーヒー100円キャンペーン」について、「季節の変わり目を迎え、ビジネスパーソンにとって慌ただしい日が続く3月」に、ホットコーヒーをたっぷりとしたサイズで味わい、仕事の合間などに落ち着いた時間を過ごしてもらえるよう実施するものだとし、「お持ち帰り、ドライブスルー、店内でのご飲食など様々なシーンでホッとする瞬間をお楽しみください」などと呼びかけている。キャンペーン初日の3月8日には、Twitterのマクドナルド公式アカウント(@McDonaldsJapan)で、マックカード1000円分を25人にプレゼントする「#今だけたっぷりMサイズ100円」キャンペーンも実施予定だ。

なお、木村拓哉さんは2020年にもマクドナルドのさまざまなTV-CMに年間を通じて出演しており、10月発売の期間限定商品「辛ダブチ」「トリチ」「ハミダブチ」の「ヤベェよ、ダブチ!」シリーズCMは、木村さんの独特のハンバーガーの持ち方が“キムタク持ち”と呼ばれるなど話題化。

〈関連記事〉マクドナルド 木村拓哉「ヤベェよ、ダブチ」CM話題化、ツイッターで表示回数1260万件超、「全種類食べる」「#キムタク持ち」など投稿も

今回のTV-CM「木村氏、お隣に」篇の撮影時、木村拓哉さんは共演者の柴田理恵さんと光浦靖子さんに、「辛いやつ食べたことあります? すっげー美味いの! 定番商品にしてほしいわ~」などと、「辛ダブチ」の美味しさを熱弁していたという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/03/2021-0303-1059-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp