世界初の天ぷら粉「昭和天ぷら粉」新CM、「本物には印がある」60周年の歴史を表現/昭和産業


昭和産業「昭和天ぷら粉」新CM「本物には印がある。」篇

昭和産業「昭和天ぷら粉」新CM「本物には印がある。」篇

昭和産業は3月1日から、世界初の天ぷら粉「昭和天ぷら粉」発売60周年を記念して、新CM「本物には印がある。」篇(30秒・15秒)の放映を全国で開始した。

新CMでは、「昭和天ぷら粉」の60年の歴史そのものを「本物」と表現している。本物の魅力・印を、業務用・家庭用商品のアイコンとしておなじみのひまわりマークを使用して、「昭和天ぷら粉」を使う人々の表情や佇まいをリアルに切り取ったドキュメンタリータッチで表現した。

60年の歴史の中で「昭和天ぷら粉」は、天ぷら専門店(外食)、街の総菜屋(中食)、家庭(内食)など、さまざまな場所で長く愛用されている。

CMのストーリーについて昭和産業は、「お店からの信頼は家庭での安心に繋がっており、『昭和天ぷら粉』には間違いない確かなおいしさがある、ということを『本物には印がある。』というメッセージで伝えている」と説明する。

見どころの一つとして、シズルカットをふんだんに使っていることを挙げる。おいしそうな天ぷらのシズルカットに加え、シズル音にもこだわった。天ぷらがもたらす日常のさまざまな食シーンの幸せを表現しているという。

〈大豆油糧日報2021年3月1日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/03/2021-0302-1655-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp