ヤヨイサンフーズ「イートベジ」シリーズ、豊富な商品数で健康訴求に貢献〈主役を張れる大豆ミート代表選抜〉


ヤヨイサンフーズ「Fイートベジ 完熟トマトのスパイシードリア」

ヤヨイサンフーズ「Fイートベジ 完熟トマトのスパイシードリア」

ヤヨイサンフーズは2019年秋、高まる健康志向に配慮した商品として中食・外食市場に向けて「イートベジ(Eat-Vege)」シリーズを立ち上げた。

2020年春・秋もアイテムを拡充し、現在はハンバーグ・メンチカツ・肉団子カテゴリー4品、フローズンチルド米飯カテゴリー4品、丼の具カテゴリー2品、期間限定のコロッケ・メンチカツ2品の合計12アイテムに加え、冷凍販売用の米飯商品「Fイートベジ」2品を発売している。

〈関連記事〉ヤヨイサンフーズ「F イートベジ ひよこ豆のカレードリア」など発売、販売チャネルの変化に対応、拡販目指す/2020年秋の新商品

商品コンセプトは「植物由来の食材を食べよう!」。肉の代わりに大豆たん白から作った「大豆ミート」を使用し、健康訴求を強める。使用する大豆ミートの選定や新技術の導入により大豆特有の匂いの軽減に努め、ほぐれ感のある肉感を再現し、ジューシーで噛み応えのある商品に仕上げている。

複数のラインアップをそろえることで、量販店総菜においては、温総菜、米飯、冷総菜など、消費者の「健康訴求の売り場作り」に貢献する。

2020年秋に発売した「Fイートベジ ひよこ豆のカレードリア」「Fイートベジ 完熟トマトのスパイシードリア」は冷凍販売用商品として、ヤヨイサンフーズで初めて写真入りのピロー包装を採用。キャッシュ・アンド・キャリー(C&C、業務用食品現金卸売)、通販・宅配、ドラッグストアといった市場をターゲットに、店頭での見栄えを良くするとともに、表示面が拡大され、訴求ポイントを消費者に分かりやすく伝わるようにしている。

ヤヨイサンフーズは「イートベジはまだ伸びる余地があると感じている。今後もラインアップを広げ、定着を目指していきたい」としている。

〈大豆油糧日報2021年2月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/02/2021-0225-1018-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp