ケンコーマヨネーズ「やさいと大豆ミート」シリーズ、手間なく抜群の具材感を楽しめる〈主役を張れる大豆ミート代表選抜〉


ケンコーマヨネーズ「やさいと大豆ミートの担々辣醤」

ケンコーマヨネーズ「やさいと大豆ミートの担々辣醤」

ケンコーマヨネーズが、多様化する食の嗜好やニーズ、健康志向の高まりに対応するため、お肉を使わずに植物性原料中心で仕上げたのが「やさいと大豆ミート」シリーズだ。

カナダ・バンクーバーにあるリサーチセンターで、最先端のトレンドを掴み、2018年10月に発売を開始。2020年11月時点で、「キーマカレー」「ボロネーゼ」「甘辛醤油そぼろ」「担々辣醤(らーじゃん)」の4品を展開している。

発売以来売上げは好調で、ベーカリーや総菜・量販、外食など幅広いチャネルで導入されており、ホームページでは、同シリーズを使ったレシピを多数掲載しメニュー提案を強めている。

好評の理由は何か。それは手間なく、抜群の具材感を楽しめ、手軽にヘルシーメニューを導入できるからだ。大豆ミートや野菜の面倒な下処理は不要。いろいろな野菜が入っていて食べ応えがあり、ひき肉の代わりに大豆ミートを使用することで、簡単にヘルシーメニューを取り入れることができ、大豆ミート独特の臭みもない。

2020年2月に発売した「やさいと大豆ミートの担々辣醤」は、大豆ミート、たけのこ、しいたけ、ピーナッツなどの具材入りで食べ応えがあり、唐辛子と山椒のピリッとしびれる辛さが特徴。麺や野菜と和えやすくするため、具材と調味液のバランスを工夫し、幅広いメニューに使いやすく仕上げている。

ケンコーマヨネーズは、「プラントベースの食品が世界的なトレンドとなっている中、本シリーズは当社でも注目商品のひとつであり、今後も更なる拡売と商品開発に注力していく」としている。

〈大豆油糧日報2021年2月22日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/02/2021-0222-1343-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp