「明治北海道十勝生モッツァレラ」販売エリア拡大へ、賞味期限延長を実現、扱いやすく


明治「明治北海道十勝生モッツァレラ」

明治「明治北海道十勝生モッツァレラ」

明治は、2020年秋に北海道・関東・関西で先行発売したチーズ「明治北海道十勝生モッツァレラ」(100g、税抜400円)の販売エリアを、3月1日から中部・中国・四国に拡大する。

フレッシュモッツァレラチーズ市場への参入は5番目と後発メーカーながら、製造工程と包装資材に独自性をもたせ実現した「味と鮮度」の差別化で、モッツァレラ市場約90億円のうちのシェア12%(2020年10~12月実績)を、販売エリア拡大によって大きく引き上げていく狙いだ。

〈関連記事〉明治がフレッシュモッツァレラチーズ市場参入、北海道・関東・関西で「明治北海道十勝生モッツァレラ」先行発売

国内のフレッシュモッツァレラ市場は森永乳業や北海道日高乳業、花畑牧場などが先行している。後発の明治は、ストレッチング工程の違いによる生乳を凝縮した「ミルク感」を最大の特徴として打ち出している。価格は市場シェアが最も高い森永乳業の商品と同じ。賞味期限については森永商品の31日に対し、21日と10日短い。昨秋の導入時点ではコロナ禍で試食販売できず、中味の違いが消費者に伝わるのか、店頭でロスが発生しないのかが焦点の一つだった。

明治によると、「発売スタートの時期は、若干延滞気味の店舗もあったが、3~4カ月を経て、現在は処分販売はほとんどない状況。店頭回転率は目標に近いところまで上がってきており順調だ」(2月10日の取材にて)。

ただ、取り扱い店率が目標に比べ低いのが課題のようだ。そこで重要となるのが賞味期限。発売時から試験を重ね、先発品と同じレベルまでの賞味期限延長を進めており、ようやく30日の期間を実現。2月中旬出荷分から切り替え始めることから、ここにきてシェア拡大の攻めの態勢が整った格好だ。

3月に拡大するエリアから外れている東北・九州に関しては、物流面を改善し、目途が立てば「次の秋くらいには拡大していきたい」という。

なお、モッツァレラ市場は年々拡大している。民間調査によると、2020年1~12月の購入率(人数)はポーションチーズ20.6%、カマンベールチーズ13.7%に対しモッツァレラは10%。購入者当たり年間購入個数はポーション6.2個、カマンベール4.7個に対しモッツァレラは3.6個。明治は「間口と奥行きともに拡大余地が大いにある」と見ており、そのために「特別な日のチーズではなく、日常シーンでの使用拡大が重要」と話す。

モッツァレラの一般的な食べ方として、包丁でスライスしてトマトと合わせて食べる「カプレーゼ」がある。明治は昨秋から、もっと簡単な、手でちぎって塩とオリーブオイルで食べる提案に取り組んでいる。手でちぎれるほどやわらかな食感をPRする狙いもあるという。「より簡単」な楽しみ方の発信で、デイリー使いのチーズの仲間入りとなれるか、動向を注目していきたい。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2021/02/2021-0216-1504-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp