アイリスフーズがレトルト食品・缶詰事業に本格参入、ごはん周りを強化


サンプル

アイリスフーズ(株)(山田次郎社長)は2月15日付で、(株)ゆのたに(新潟県魚沼市、服部直人代表)からレトルト食品・缶詰事業を譲り受け、アイリスフーズ魚沼工場として稼働したと発表した。ごはん周りの強化が目的と見られる。

なお、アイリスグループは2021年2月、富士小山工場(静岡)を改修して飲料水事業に参入するなど、食品事業での積極的な投資を展開している。

〈米麦日報2021年2月16日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2021/02/2021-0216-1320-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp