ゲオがコンビニ参入!? 食品小売店「GEO-YA」密かにオープン、弁当など扱わず食品ロス削減、喫煙所完備


「GEO-YA」1号店・蓮根店

「GEO-YA」1号店・蓮根店

レンタルビデオ店「GEO」やリユース店「セカンドストリート」などを展開するゲオホールディングス(名古屋市)が1月、食品小売店「GEO-YA」2店舗を東京都板橋区に秘かにオープンしていた。

ゲオは主力業態の「GEO」「セカンドストリート」のほかに、アパレルメーカーの生産余剰品やシーズンオフ品をアウトレット販売する「ラック・ルック・クリアランスマーケット」、ナショナルブランド文具のディスカウント店「文具のブンゾウ」など、様々な新規事業に参入している。ゲオホールディングス広報課によると、小売業として食品ロス削減にチャレンジしたいという考えから、新業態「GEO-YA」を立ち上げたという。

「GEO-YA」はコンビニから弁当・おにぎり・サンドイッチなど、消費期限が短く食品ロスが出やすい品目を除き、カップ麺や菓子、飲料など日持ちする食品のみに特化することで、食品ロスの削減につなげるというコンセプトだ。

扱いカテゴリーは「ファストフード(セルフ販売コーヒー、焼きいも)」「パン」「菓子」「飲料」「加工食品」「アイス」「酒類」「たばこ」。1月21日開店の1号店「蓮根店」は売り場面積11坪、扱い品目約700、営業時間6時~23時、従業員数延べ10人。1月23日開店の2号店「ときわ台店」は売り場面積17坪、扱い品目約1000、24時間営業、従業員数延べ15人。

「GEO-YA」の扱う分野はファストフード・パン・菓子・飲料・加工食品・アイス・酒類・たばこ

「GEO-YA」の扱う分野はファストフード・パン・菓子・飲料・加工食品・アイス・酒類・たばこ

両店ともコンビニの半分~3分の1の規模の狭小店で、正社員は両店とも1人ずつ。レジはセルフレジで現金、クレジット、電子マネー、QRコードに対応している。

価格帯は一般的なコンビニと同等だが、年会費500円の会員になると、たばこなど一部商品を除く全品10%割引の特典がある。コーヒーマシンで豆から挽くセルフ販売コーヒーは、コーヒー専門チェーン「ドトール」の豆を使用するなど味と品質にもこだわる。1杯税込み100円でコンビニコーヒーと同価格だが、会員は90円でコンビニよりも安くなる。

石焼きいもも「紅はるか」を使用し、味にこだわる。1個税込み100円で、食品スーパーの焼きいも(概ね150~200円)より安い。もちろん会員は税込み90円になるので、業界最安値と言われる「ローソンストア100」の税込み108円よりも安くなる。

また、年々喫煙できる場所が減り、喫煙者の肩身が狭くなる中、喫煙所を備えているのも「GEO-YA」の大きな特徴だといえる。

お酒も販売(「GEO-YA」蓮根店の看板)

お酒も販売(「GEO-YA」蓮根店の看板)

両店とも最寄り駅(都営三田線蓮根駅、東武東上線ときわ台駅)から徒歩5分以内。ターゲットは「単身者、共働き、シニア。通勤の行き帰りに利用してもらうことを想定している」(ゲオホールディングス広報課)という。あくまでも実験店で、3号店の出店計画は現時点では未定だという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2021/02/2021-0215-1414-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp