呪術廻戦「ばかうけ」発売、虎杖悠仁・五条悟などパッケージデザイン、「怪しく光るシール」全10種付き


「呪術廻戦 ばかうけ 青のりしょうゆ味」パッケージ(全2種)/栗山米菓

「呪術廻戦 ばかうけ 青のりしょうゆ味」パッケージ(全2種)/栗山米菓

栗山米菓は2月15日、TVアニメ「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」とコラボした「呪術廻戦 ばかうけ 青のりしょうゆ味」を発売する。1袋26g、ノープリントプライス(参考価格 税別120円前後)。

「呪術廻戦 ばかうけ 青のりしょうゆ味」は、栗山米菓の人気米菓“ばかうけ”を食べやすいサイズに仕上げた商品。人気アニメ「呪術廻戦」の「怪しく光るシール」1枚入り。

アニメ「呪術廻戦」は、人の負の感情から生まれる“呪霊”と、それを祓う“呪術師”たちの戦いを描く作品。「週刊少年ジャンプ」で2018年3月から芥見下々(あくたみげげ)氏が連載する人気のダークファンタジーコミックを原作としている。

「呪術廻戦 ばかうけ 青のりしょうゆ味」の中身の「ばかうけ 青のりしょうゆ味」は、通常より小さい1口サイズに仕上げ、食べやすく仕上げた“ばかうけ”せんべい。生地に青のり、焼のり、あおさの3種の海苔を練りこみ、香ばしく焼き上げた。植物油と独自配合の醤油タレで味付けし、香ばしさ・まろやかさ・おいしさを表現したという。

「怪しく光るシール」は、呪術廻戦のキャラクターを描き、特別加工を施した全10種のばかうけ限定シール。作中に登場する呪術師の学校「呪術高専東京校」に通う、主人公「虎杖悠仁」(いたどりゆうじ)や、悠仁の同級生「伏黒恵」(ふしぐろめぐみ)、「釘崎野薔薇」(くぎさきのばら)といったキャラクターと共に、「生き様で後悔はしたくない」「俺は不平等に人を助ける」「私が私であるためだもの」など各キャラクターの名セリフをプリントしている。

呪術廻戦「怪しく光るシール」(全10種)虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇

呪術廻戦「怪しく光るシール」(全10種)虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇

パッケージイラストは、アニメのキービジュアルを使用した2種類。ばかうけ公式キャラクター「バリン」と「ボリン」風にデフォルメした、虎杖悠仁・釘崎野薔薇もデザインしている。

1種類目は、悠仁の肉体を器とし現代に蘇った“呪いの王”「両面宿儺」(りょうめんすくな)と悠仁が、宿儺の出現させる結界である『領域展開「伏魔御厨子(ふくまみずし)」』の前に立っている場面を描いたアニメ第1弾キービジュアルを起用。

2種類目は、悠仁・恵・野薔薇と、呪術高専東京校教師で悠仁たちの担任を務める“最強の呪術師”「五条悟」(ごじょうさとる)を描いた第2弾キービジュアルを起用している。

なお、「呪術廻戦」は、封印されていた呪物“宿儺の指”を飲み込んでしまった「虎杖悠仁」を主人公に、人の負の感情から生まれる呪い“呪霊”と、呪術により呪霊を祓う“呪術師”、呪術を悪用する“呪詛師”たちの戦いを描く作品。その人気の高さや異例の売上増加などから、一部では大ブームとなったアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に続く、“ネクスト鬼滅”とも呼ばれている。

集英社の2月9日発表によると、漫画「呪術廻戦」のシリーズ累計発行部数は3000万部(デジタル版含む)を突破。1月13日時点の2000万部突破から、1ヵ月で1000万部という驚異的なスピードでの増刷となった。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/snack/2021/02/2021-0212-1411-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp