ミニストップ 駅弁風弁当「鮭はらこ飯」早期完売、第2弾「牛めし重」発売へ、「イベリコ豚重」も販売継続


ミニストップ「駅弁風弁当 鮭はらこ飯」(完売商品)

ミニストップ「駅弁風弁当 鮭はらこ飯」(完売商品)

ミニストップは2月8日、「駅弁風弁当 鮭はらこ飯」が完売したことを発表した。「コンビニなのに駅弁!?」をキャッチコピーに掲げ、1月26日に「駅弁風弁当 イベリコ豚重」とともに全国の店舗(2020年12月末現在1976店舗)で発売した、常温弁当の新シリーズ「駅弁風弁当」第1弾商品。当初の予定を上回る、発売から12日間での完売となった。

ミニストップの「駅弁風弁当」は、コロナ禍で外出や旅行等の自粛で非日常への欲望が高まる中、「ひとくちで旅気分が味わえるように」との思いから開発したものだという。旅の楽しみである“駅弁”の良さ、「温めなくても美味しい弁当」「具材にもこだわった弁当」をコンビニエンスストアならではの手頃な価格で提供することを目指した。

ミニストップ「コンビニなのに駅弁!?」駅弁風弁当

ミニストップ「コンビニなのに駅弁!?」駅弁風弁当

第1弾商品の価格はともに税別555円。早期完売した「鮭はらこ飯」は、脂がのって厚みがある鮭ハラス、程よい塩味にした鮭フレークに加え、いくらもトッピングした具沢山な弁当。販売を継続している「イベリコ豚重」は、どんぐりを食べて育った「イベリコ豚」を、約5㎜の厚さにカットして焼き上げ、ご飯の上にたっぷり敷き詰めたもの。イベリコ豚の中でも最高ランクの品種とされる「ベジョータ」を使用し、赤身と脂身の甘みに特長があり、甘辛なタレとも良く合うという。

ミニストップ「駅弁風弁当 イベリコ豚重」

ミニストップ「駅弁風弁当 イベリコ豚重」

ミニストップでは、「駅弁風弁当 鮭はらこ飯」完売の告知とともに、「駅弁風弁当」シリーズ第2弾「駅弁風弁当 牛めし重」を全国発売することを発表している。脂の乗った牛バラ肉を柔らかく煮た牛肉煮と、パラパラになるように仕上げた牛そぼろと牛肉づくしのメニュー。発売日は2月23日、価格は第1弾商品と同様、税別555円。発売から2月28日まで、WAONで購入するとボーナスポイント(50ポイント)を付与するキャンペーンも実施する。

ミニストップ「駅弁風弁当 牛めし重」

ミニストップ「駅弁風弁当 牛めし重」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2021/02/2021-0209-1124-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp