大豆粉50%配合「大豆がパスタになりました」発売、半生タイプのリングイネ/ハウス食品


ハウス食品「大豆がパスタになりました」

ハウス食品「大豆がパスタになりました」

ハウス食品はこのほど、大豆粉を50%配合した半生タイプのパスタ「大豆がパスタになりました」を、日用品通販サイト「LOHACO(ロハコ)」と一部の量販店で発売した。内容量200g(100g×2食)、オープン価格(税別参考価格598円)。

「大豆がパスタになりました」は、脱皮大豆を使った大豆粉を50%配合したパスタで、大豆たんぱく質や大豆イソフラボン、食物繊維を摂ることができる。タピオカ澱粉を合わせ、大豆が苦手な人でも食べやすい味わい。乾麺ではなく半生タイプのリングイネとし、生パスタのしなやかで食べ応えのある食感を目指したという。つなぎの小麦粉は使っていない。

なお、同梱されているリーフレットのQRコードからは、「大豆がパスタになりました」を使ったおすすめレシピを紹介するサイトにアクセスできる。

◆日用品通販サイト「LOHACO(ロハコ)」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/02/2021-0208-1526-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp